iPhone 5 機能一覧

これまで、3.5インチだった画面サイズが、縦にワイドになり4インチへと大型化したiPhone5。2012年9月12日に、アメリカで発表されてから、同28日にアメリカを始めカナダ、フランス、日本など世界9地域で発売されました。前モデルの「iPhone4S」と比べて、CPUとグラフィック性能の処理速度が最大で2倍になり、次世代の通信技術である「LTE」に対応したモデルです。また、これまでのmicorSIMから、より小さいnanoSIMを採用したり、Dockコネクタも32pinライトニングコネクタから8pinライトニングコネクタに変更したりと、あらゆる面でコンパクトになりました。

性能・便利機能

アルミニウムボディの本体

ガラス素材から酸化被膜処理されたアルミニウムボディになったiPhone5は、よりスタイリッシュでかっこいいデザインに。

サイズ

iPhone4Sと比べて、厚さが18パーセント、重さは20パーセントも減り、サイズ自体では大型化しているのにも関わらず、手にフィットするちょうどいいサイズ感が非常に人気です。

バッテリー

前行のiPhone4Sから1,432mAh→1,440mAhと微妙ながら増加しており、体感的に大きな差はないものの、操作性の向上を考えるとアップグレードしたと言えます。

カメラ

iPhone5に内蔵されている「iSightカメラ」は、デジタルカメラにも負けないくらい高性能で、普段の生活では、iPhoneカメラしか使わなくなったという人も多いかもしれません。800万画素に、背面照射型センサーを内蔵し、1,080pのHDビデオにも対応しています。

ホームボタン

指紋認証はついておらず、これまでと同じホームボタンです。iPhoneを使う上で、おそらく最も頻繁に使うであろうホームボタンでは、押すぎによる陥没の故障も起きており、自力で取り出すことも可能ですが、重症の場合は修理に出すなど対策が必要です。

スリープボタン

これまでと同様、本体上部にあります。

リアカメラ

AF/AEロックやデジタルズーム、タップフォーカス機能は前行モデルのままですが、新プロセッサー「Apple A6」になりメモリが増加したため、カメラの起動速度が向上しています。また、最大で10人になった顔認証も大きな変化と言えます。Retinaディスプレイの色再現性が向上したおかげで、発色がよくなり、パソコンなど大きな画面で見ても実際の写真とほとんど差を感じられなくなりました。

インカメラ

iPhone5では「4S」の4倍の120万画素になっており、FaceTimeのビデオ通話や自撮りが楽しめます。

ボリュームボタン

iPhone4Sと同じ丸みをびたデザインです。

ライトニングコネクタ

従来の30pinライトニングコネクタよりも、80パーセント小さくなり、裏表気にすることなく挿入できるようになったのが嬉しいポイントです。

まとめ

「4S」からメジャーチェンジとなったiPhone5、ここからiPhone SEの2016年まで、約4年間発売されてきた4インチディスプレイは、今でもなお発売を期待する人が多いかもしれません。

ご利用案内

お客様のご都合に合わせて3つの便利な修理スタイル!

来店修理 郵送修理 出張修理
マンガでわかるモバイル修理.jp
3つの修理スタイル 来店修理 郵送修理 出張修理
プレゼント応募ページ POWERCOATING 高価買取 データ復元 データ復元 iPhone分解 FC募集 総務省登録修理業者

店舗ブログ

ページ上部へ戻る
今月のキャンペーン実施店舗!
モバイル修理 総務省登録修理業者 モバイル修理.jp

モバイル修理.jpグループは、携帯ショップ運営会社が展開する安心のアイフォン修理店です。当店ではお客様の大切なデータを消さずに最短15分で即日修理が可能です。ガラス割れ、液晶交換、バッテリー交換、水没修理、難易度の高いデータ復旧も行っております。アイフォン修理は信頼と実績のあるモバイル修理.jpにお任せください。