iPhone 5C 機能一覧

2013年9月に発売された、カラフルなボディーが特徴の「iPhone5c」。前年モデルのiPhone5と同レベルの機能を搭載し、大幅なコストダウンを実現しました。そのため、たくさんのユーザーに手に入れやすいモデルになっています。また、「ブルー」、「グリーン」、「ピンク」、「イエロー」、「ホワイト」の5種類のラインナップを用意し、ポリカーボネートをメインの素材として、これまでのiPhoneとは一味違う仕上がりになりました。

性能・便利機能

廉価版

iPhone5と同じ時期にリリースされた「5c」は、過激化するスマートフォン市場の競争に勝ちたいというAppleの戦略意図が読み取れます。「ある程度のスペックは必要だけれども、高すぎるのはちょっと…」というユーザー心理の期待に応えたこのiPhone5cでは、A6プロセッサ、4インチディスプレイなど、基本的にはiPhone5の機能を受け継いでいますが、バッテリーの持ちがアップするなど異なる点もあります。

バッテリー

iPhone5と比べて、3G通話、LTE通信時で2時間伸びています。バッテリー容量も明らかになっており、iPhone5の1,440mAhよりも少し大きい1,507mAhです。

サイズ

iPhone5よりも20g重たくなり、1~2mmくらいサイズも若干大きくなっています。

iOS

iPhone史上初の大型アップグレードとなった「iOS7」を搭載するiPhone5cでは、デザインや操作性が大きく変わり、カラーバリエーション以外での外見の変化はあまりないものの、中身的に大きく変化しました。

容量

16GB、32GB、64GBが用意されているiPhone5sに対して、16GBと32GBのみなので、アプリなど多くのデータ容量を使う人は、慎重に選びたいところです。

ホームボタン

非常にシンプルなデザインのiPhoneにおいて、ホーム画面に戻るなど、ホームボタンの役割は非常に大きいです。

スリープボタン

iPhone上部にあり、前行モデルと同じ。画面の消灯や電源のオフなど、あらゆる場面で使います。

リアカメラ

リアカメラ(メインカメラ)は、800万画素、f2.4に対応しています。また、1,080pの高画質ビデオが撮影でき、パノラマ撮影や手ぶれ補正機能も追加しました。iPhone5時代からカメラには定評のあるAppleで、インスタントフィルターやトイカメラ風の加工ができるようになるなど、写真撮影が好きな人にかなり重宝すると思います。

インカメラ

インカメラは、120万画素で720pのHDビデオ撮影が可能です。

ボリュームボタン

前モデルと同様、本体左側にあります。

ライトニングコネクタ

2003年以降のiPodなどで、長年採用されている「30pinドックコネクタ」から「8pinライトニングコネクタ」に変更しました。小さく、より軽くなった新しいライトニングコネクタは、充電ケーブルなど今まで使っていたアクセサリなどが使えないこともあるので、購入する際は注意が必要です。

まとめ

カラフルでポップなデザインは、多少チープ感が否めないので…との声もありましたが、樹脂製のボディーは素材そのものに色がついているため、簡単に剥がれるような塗装ではないので安心してください。

ご利用案内

お客様のご都合に合わせて3つの便利な修理スタイル!

来店修理 郵送修理 出張修理
マンガでわかるモバイル修理.jp
3つの修理スタイル 来店修理 郵送修理 出張修理
プレゼント応募ページ POWERCOATING 高価買取 データ復元 データ復元 iPhone分解 FC募集 総務省登録修理業者

店舗ブログ

ページ上部へ戻る
今月のキャンペーン実施店舗!
モバイル修理 総務省登録修理業者 モバイル修理.jp

モバイル修理.jpグループは、携帯ショップ運営会社が展開する安心のアイフォン修理店です。当店ではお客様の大切なデータを消さずに最短15分で即日修理が可能です。ガラス割れ、液晶交換、バッテリー交換、水没修理、難易度の高いデータ復旧も行っております。アイフォン修理は信頼と実績のあるモバイル修理.jpにお任せください。