修理前のiPhone7

iPhone修理専門店モバイル修理.jp 函館店です。

この数日、バッテリー交換の問い合わせが多くなっております。消耗品であるバッテリーはどれだけiPhoneを大切に使用していても、年数と共に劣化していきます。

バッテリーの最大容量が80%前後になった頃がバッテリーの交換時期なので、最近電池の減りが早いと感じている方は一度バッテリーの状態を確認してみましょう。

そこで、今回は函館市内よりご来店のお客様のご紹介です。依頼内容は、アプリ等を使用していると突然アプリが落ちてしまったり、電源が切れてしまうiPhone7のバッテリー交換依頼です。

それではiPhone7のバッテリーを交換していきます!

修理前のiPhone 7

修理前のiPhone7

画像は、今回は函館市内よりご来店のお客様のiPhone7です。設定アプリからバッテリーの状態を確認してみたら、最大容量が「84%」でした、そこまで悪い状態では無いようですが、バッテリーの交換はしてもいい時期です。

お客様にアプリが突然落ちたり、電源が落ちる以外に問題はなかったか確認してみると、特に思い当たる事はなかったようです。

これらの症状は、バッテリーの劣化が主な原因だと考えられます。iPhoneのバッテリーは最大容量が80%前後になると本来のパフォーマンスを発揮することができなくなります。

最終的には起動しなくなってしまうケースもあるので、そうなる前に早めにモバイル修理.jp 函館店へお持ち込み下さい!

修理後のiPhone 7

画像は、バッテリーを交換したiPhone7です。お預かりしてから15分ほどの時間で修理は完了します。

修理後には再度設定アプリからバッテリーの最大容量を確認します。新しいバッテリーに交換して正常な状態なら、画像のように最大容量が100%になっています。

これで「アプリが突然落ちる」「再起動を繰り返すときがある」「バッテリー残量が半分残っていてもシャットダウンする」といった症状も改善されるはずです。

iPhoneで何か不具合が起きている場合は、まずはモバイル修理.jp 函館店へご相談下さい。修理のプロが診断し、お客様に合った修理方法をご案内いたします。

このブログを書いたお店

モバイル修理.jp 函館店 0120-505-711

〒040-0064
北海道函館市大手町6-8
「地図」

おすすめの記事