注目の記事 PICK UP!

iPhoneで通話中声が小さいと言われるときの対処方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneで電話やLINE通話をしていると、相手から「声が小さい」「聞こえにくい」と言われたことはないでしょうか?
重要な会話のときは、こういったことが起きると困りものですよね。
今回は、電話が聞こえにくい場合の対処方法をご紹介していきます。

iPhoneのマイクについて

iPhoneには、メインの受話マイクとは別に、周囲の騒音を自動で削除する機能(ノイズキャンセリング)を持つマイクが2つ搭載されています。
それぞれのマイクの場所ですが、メインマイクはiPhoneの本体下部にあり、
上部(通常の耳が当たるあたり)にあるマイクがノイズキャンセリング用マイク、もう一つのノイズキャンセリング用マイクは、本体裏面の上部にありますが、今回のような問題が起きているとき、一番気をつけなければならないのが、この裏面にあるノイズキャンセラーマイクです。
電話をかけているとき、iPhoneを持ったとき、そのマイクを隠してしまったり、ケースの蓋で隠してしまったりしやすいからです。
つまり、iPhoneの持ち方によっては自分の声が相手に届きにくくなっていると言うことです。
iPhoneの持つ時に、これら3つのマイクのいずれかを塞いでしまうとかしていますと、あなたの声は相手に伝わりににくくなっています。

マイク自体が故障かもしれないので、マイクをテストする

通話中の声が小さいと言われた場合、フィルムやケースに問題がない場合は、iPhoneのマイクの不具合も確認してみましょう。
iPhone は複数のマイクを搭載していますが、この不具合チェックは、本来の会話をするメインマイクのチェックとなります。
iPhone の底部に内蔵されているメインのマイクをテストするには、ボイスメモを開き、録音ボタンをタップしてマイクに向かい言葉を発してください。録音しましたら、再生アイコンをタップして録音されたあなたの声を再生します。
自分の声が、はっきり聞こえていれば、メインマイクは問題ないと言うことになります。
メインマイクが正常な場合は、考えられる原因は残り2つのノイズキャンセラー用のマイクの不具合が考えられますので、iPhone の持ち方や貼り付けているフィルムとケースがマイクをふさいでないかを確認して、ケースやフィルムの貼付け位置がずれてしまい、ご自身の声のボリュームがそれらが原因で極端に小さくなっている場合も考えられますので、そういう状態であったら修整をしておきましょう。

関連記事

  1. Apple Payの使い方の基本①

  2. 端末が違ってもFaceTimeならもっと無料通話を楽しめる

  3. 緊急時の電話をかんたんにかける方法

  4. 進化しているiPhone標準マップについて

  5. iPhoneのバッテリーを少しでも長持ちさせるために

  6. iPhoneのシャッター音を小さくする方法

  7. iPhoneをフェッチにして電池を長持ちさせよう!

  8. こんなに便利だった!アラーム機能を使いこなす

  9. 使えない標準アプリから便利な標準アプリへ

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2019年発売予定のiPhoneはTouchID搭…
  2. カメラのシャッター音を無音にしてどこでも撮影できる…
  3. iPhoneのセキュリティ対策情報
  4. カメラのグリッド機能を使ってプロが撮影したような写…
  5. Apple、ビッグデータを活用してApple Ma…
2017年8月
« 7月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

人気記事