注目の記事 PICK UP!

Apple Payの使い方の基本③

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、「Apple Pay」の使用方法についてご説明していきます。

■「Apple Pay」で支払う方法

店舗での決済を処理するのは、「Apple Pay」に認証されたSuica、iD、QUICPAYのいずれかで行われます。
そのため店舗で買い物をして、実際には「Apple Pay」でどのように支払うかと言いますと、店舗のレジで支払い時に、電子マネーの「Suica」、「iD」、「QUICPAY」の3種類のうちのどれかの支払い方法を店員さんに伝えましょう。
どの電子マネーが使えるかは、店頭のポスターやレジの近くにあるマークを見て判断しましょう。
店員さんに「Apple Payでお願いします」と伝えても「どの支払いでしますか?」と言われます。
「Apple Pay」自体が、処理するのではありませんのでご注意ください。

■リーダーにかざしてメインカードで決済する

まずiPhoneのホームボタン(Touch ID)に指を載せて、カードリーダーにiPhone先端をリーダーにかざします。
そうしますとWalletが自動的に起動し、認証と決済がほぼ同時に行われ決済が完了します。
使いたいクレジットカードが「iD」と「QUICPay」のどちらのマークが表示されているかを確認して、店舗側が対応しているマークならば、クレジットカードとして利用が可能です。

■メインカード以外で決済する場合とは?

メインカードが「QUICPay」対応だったとしまして、買い物をする店舗が「iD」しか使えないときは、他に登録しているカードで決済をしましょう。
ホームボタンをダブルクリックして、Walletアプリを起動し画面下に表示されるカードをタップすれば、別のカードへの切り替えが可能です。
また、クレジットカードを登録しておくことで、Safariのウェブサイトを利用して買い物をすることもできます。
オンライン決済では、対応しているアプリやウェブサイトの商品ページでApple Payのボタンをタップするだけで決済が済んでしまう簡単手続きとなります。
それは、決済をするときはPayボタンをタップして、TouchIDで認証するだけで決済が完了するという、非常にお手軽な支払方法となります。
Apple Payに対応の上記のサービスは、アプリ内だけでなくウェブページでの決済も行うことが可能ですので、買い物などいろいろとお試しください。

関連記事

  1. iPhoneの液晶画面の掃除の仕方について

  2. iPhoneの音楽や動画の再生を自動で止める裏技

  3. iPhoneが文章を読み上げてくれる機能がある!

  4. iPhoneのストップウォッチ機能はこんなに多彩

  5. iPhoneの「着信拒否機能」キャリア別まとめ

  6. iPhoneのsafariでページ内のキーワードを検索する方法

  7. iPhoneのロック画面でも実は使える便利な裏技特集

  8. iPhoneをふるだけで取り消しができる便利機能

  9. iPhoneで、文字を打ちのとき定型文を登録する方法

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. iPhoneのロック画面でも実は使える便利な裏技特…
  2. Apple、CEOティム・クック氏中国訪問でスパイ…
  3. iPhoneのSafariのタブを一気に消去する便…
  4. iPhoneのiOS11で便利になったiPhone…
  5. Apple、中国で数十億ドルのiPhone修理詐欺…
2017年10月
« 8月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

人気記事