注目の記事 PICK UP!

iPhoneの写真形式がHEIFに変更になりました

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone7以降のiOS11では写真を保存する時に新しい機能として「HEIF」が利用できるようになりました。聞きなれない言葉なのでなんだろうと思う人もいるかもしれません。実はPCよりも容量の少ないiPhoneでは必須となる便利機能でもあるのです。

HEIFってどんな機能?

iPhoneで追加された新しい画像保存形式のHEIFですが、通常のJPEGよりも圧縮率が高いことファイルをより小さくできる便利機能になります。圧縮率が高まればiPhone内により多くの写真を保管することができるようになります。しかもHEIF形式の写真をメールなどで送信する時にパソコンを使うと自動的にJPEGに変換されるなど、それぞれに不便さを感じることなく利用できるのもポイントでしょう。

iOS11以降の機種の場合、初期の設定がHEIFになっているのでもしJPEGに変換したい時は以下の手順で切り替えることもできます。
1.設定をタップします
2.カメラをタップします
3.フォーマットをタップします
4.フォーマット内には「高効率」と「互換性優先」がありますので「互換性優先」にすると自動的にJPEGの設定になります。

メールなどの送信で自動的に切り替わるのでそこまで気にする必要はないと思いますが、もし気になる場合や好みによって画像保存形式を切り替えてみてくださいね。

関連記事

  1. iPhoneの便利なHandoff機能知っている?

  2. touchID(アイキャッチ)2

    iPhoneのロック解除・TouchID(指紋認証)の設定方法

  3. siriの機能を使えばSNSがより便利になります

  4. 認証が二重化した「2ファクタ認証」

  5. 進化しているiPhone標準マップについて

  6. iOS11の新機能「片手キーボード」で文字入力する方法

  7. iPhoneの液晶画面の掃除の仕方について

  8. 視覚がなくてもiPhoneを使える便利機能

  9. iPhoneのバッテリーを長持ちさせるコツ!

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. Apple、中国で数十億ドルのiPhone修理詐欺…
  2. iPhoneのキーボード設定を見直してもっと便利に…
  3. ゲーム開発者、AppleがApple TVのゲーム…
  4. Apple Watch Series 4の新Fac…
  5. iPhoneのカメラをもっと便利に使いこなす起動方…
2017年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

人気記事