注目の記事 PICK UP!

iPhoneのコントロールセンターを便利に使う方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneには、コントロールセンターという機能が搭載されています。
これは、使いようによってはかなり便利なので、すでに活用されている方も多いと思います。
それでも、iPhoneがとても使いやすくなることをご存知でない方もいるかと思いますので、今回はコントロールセンターに関する基礎知識と具体的な利用法をご紹介していきたいと思います。

■コントロールセンターって何?、その表示方法

iPhoneのコントロールセンター機能とは、ロック画面やホーム画面の状態からスワイプするだけで、アプリにアクセスできる機能のことです。
機能自体は、パネル表示されますが、標準設定にはbluetoothやWi-Fiのオン/オフ、フラッシュライトやディスプレイの明るさの調整などの機能を起動できるようになっています。
実際にロックを解除せずに、使いたいアプリにすぐさまアクセスできるのは操作性の面で非常に便利です。
コントロールセンターの表示方法は、【画面下から上に向かってスワイプ】で行いますが、iphoneXでホームボタンが消えてから、ホーム画面を表示するために【画面下から上に向かってスワイプする】するようになり、iPhone Xでのコントロールセンター表示は、【画面上部の右側部分から下に向かってスワイプ」となっています。

■コントロールセンターの具体的な利用の仕方

iPhoneのコントロールセンターでは、より細かいコントロールを表示する
ために、3D Touch機能(各コントロールを強く押す)で、多くのコントロールの表示や細かい機能の表示ができます。
3D Touchすることで通常のタップやスワイプなどの操作にクイックアクション機能の【Peek】とコンテンツ全体を操作できる【Pop】という機能が可能になります。
画面を軽く指で押す【Peek】は、メールや写真、WEBなどを開くことなくプレビュー表示することを可能にしました。
【Pop】は、コンテンツを画面全体に表示して操作できますので、例えば【Pop】でメールやブラウザを開き、プレビュー表示を画面全体で見たいときに【Peek】を使うというかたちで、連動してアプリを思いのままに動かすことができる便利な機能です。
その他にも、電話のアプリのアイコンを強く押すことで、よく連絡する相手を表示しさせ、素早く電話をかけることなどもできます。
また、アプリを使用してテキストを入力する際にも、アプリ実行中にキーボードを強く押してみると、キーボードの表示範囲内をトラックパッドエリアに変更をすることやプレスの強弱で、太い線や細い線を表示選択することがが可能となります。
次回は、よりよく使いやすくできるコントロールセンター追加機能をご紹介していきます。

関連記事

  1. iPhoneの聴覚機能をサポートする機能とは

  2. iPhoneのアプリをアンインストールする方法とは

  3. iPhoneのホームボタンの振動を調整する

  4. Apple Payの使い方の基本②

  5. iPhoneを利用して、テザリングする時の方法

  6. iPhoneで試してみよう、裏技のご紹介その②

  7. iPhoneの連絡先をグループ化する方法

  8. iPhoneの着信音を瞬時に消す裏技をご紹介

  9. iPhoneのファイル名を空白にする面白い裏技

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2019年新型iPhoneとAirPowerはどう…
  2. 2018年のApple Watchの未来
  3. iPhoneでメールを送信する時の著名は編集できる…
  4. iOS 13に搭載されてほしい機能!
  5. iPhoneの写真をもっと上手に撮るグリッドとは?…
2018年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

人気記事