注目の記事 PICK UP!

iPhoneのバッテリー劣化をアプリで診断する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneで使用されているリチウムイオン電池バッテリーは、充電を繰り返して利用しますが、そうはいっても徐々にバッテリーへたってきます。
つまり、バッテリーにも寿命があるということなのです。
寿命が近づいてきますと、充電してもすぐなくなるばかりか不具合が発生する可能性もあります。
また、バッテリーが劣化するとiOSのアップデートをすることで、性能もダウンしてパフォーマンスが悪くなるということがあると、Appleが伝えています。
iPhoneの動きが「重い」とか「遅い」というときには、バッテリーが劣化している可能性もありますので、バッテリー診断をしておきましょう。
バッテリー切れで突然のシャットダウンされたくありませんよね。
今回は、バッテリー診断の方法をご紹介していきます。

iPhoneのバッテリー診断アプリの種類

iPhoneのバッテリーを診断するアプリには「バッテリーケア」「バッテリードック」「バッテリーライフ」などいくつかありますが、「バッテリーライフ」の特徴をご紹介します。
iTunesで「バッテリーライフ」と検索すると、アプリが表示され無料でアプリがダウンロードできます。
バッテリーライフをインストールして起動してみましょう。
起動することで、バッテリーデータの更新が行われ、はじめに表示される情報がバッテリーの消耗状況です。
バッテリー消耗レベルが20%に近づいていると、バッテリー交換を検討すべき数値と言われています。
メニューアイコンをタップすると、現在のバッテリー容量や予想稼働時間を確認するメニューが表示されます。
バッテリーの容量を確認するときは、温度によって数値が変動する場合がありますので、バッテリーが熱を帯びていない状態の時に行って下さい。

Appleサポートでバッテリー診断する方法

その他に、Appleのサポートアプリでバッテリー診断をする方法があります。
Appleの公式アプリ「Appleサポート」で、バッテリー診断以外の各種サポートを簡単に受けられます。
操作方法は、アプリのインストールして「Appleサポート」を起動します。
次に、使用しているiPhoneを選択し、【バッテリー、電源、および充電】⇒【バッテリーに修理が必要である】⇒【診断を実行する】とタップしていき最後に「同意する」をタップすると診断開始となります。
使用頻度やデバイスの使い方でバッテリーの寿命は、1年程度で劣化することもありますので、定期的にバッテリー診断をすることをおすすします。

関連記事

  1. iPhoneでPodcastを聴いてみたいけれど、どうすればいいの?

  2. iPhoneのデータをバックアップする方法

  3. アプリをフォルダに分ける方法

  4. iPhone Xのマルチタスク画面表示方法と使い方について

  5. モバイルデータ通信は編集するのがベスト

  6. iOS11の新機能「片手キーボード」で文字入力する方法

  7. iPhoneのメールで受信したビデオを保存する方法

  8. iPhoneの管理に便利「ファミリー共有」

  9. 便利なウィジェットをロック画面では無効化する方法

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. アップル、新しいMacBook Airのバッテリー…
  2. Safariの閲覧中にQRコードを読み取ることので…
  3. 2018年新型iPad Proを実際に使ってみた感…
  4. WEBページをPDFにてファイル保存する時の裏技
  5. 2018年新型iPad Pro 12.9インチハン…
2018年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

人気記事