注目の記事 PICK UP!

iPhone X顔認証(Face ID)がうまくいかないときの原因と対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneXに搭載された「TrueDepthカメラ」の利用で、iPhoneのロック解除やApplePayの支払い確認などを行う顔認証システムは、従来の指紋認証のTouchIDよりもさらに便利になりました。
iPhoneX顔認証は、わりと精度の高い認証システムになっていることから、指紋認証より安全性が高いという評判です。
しかし、精度が高いからこそiPhoneXを利用中、「iPhoneX顔認証できない」「FaceID反応しない」など、起きうることもあるかと思います。
ロックが解除できないなどが発生してしまったら、どうしようもありませんので、iPhoneXFaceID認証失敗したときどうすればいいかを、今回はご紹介していきます。
紹介する。

iPhoneX顔認証がうまくできない理由

iPhoneX顔認証が、うまくできない原因として考えられる中で、一番に考えられるのが「FaceID」の設定がきちんとできていないときです。
もちろん、搭載しているiOS11の不具合や暗い場所で認証しようとしているとき、そしてiPhoneXが故障しているときなども原因となります。
です。
「FaceID」の設定時に自分の顔を登録するわけですが、たとえばその時にかけていた眼鏡が違うとか、女性の場合などメイクの仕方がかなり違うなどでも認証がうまくいかない場合があります。
また、顔の向けた角度が違うと認証失敗も出るようですので、iPhoneXで顔登録のときは、常に変化のない状態で登録したほうがよさそうです。

iPhoneXの顔認証を再設定で解決する

解決するには、「FaceID」の設定を再度おこな方法がよいでしょう。
つまり、現在登録している「FaceID」を削除して、新しい「FaceID」を登録するわけです。
FaceIDの設定方法は、【一般】⇒【FaceIDとパスコード】⇒【パスコードを入力】⇒【FaceIDをリセット】をタップすると、iPhoneXに登録しているFaceIDのデータは削除されます。
FaceIDに顔データを登録するには、【設定】⇒【FaceIDとパスコード】⇒【パスコードを入力】⇒【FaceIDを設定】⇒【開始】⇒枠内に顔を入れてゆっくりと頭を動かして円を描くように動かしていきましょう。
FaceIDスキャン1回目完了と表示されましたら、もう一度、顔を円を描くように動かし設定されれば、【FaceIDが設定された】と表示されますので、あとは【完了】をタップして再登録終了です。
ます
TrueDepthカメラでのFaceID撮影の機能しやすい距離は、iPhone本体と顔との距離が25cm~50cmほど離した位置とされていますので、それも意識して撮影していきましょう。

関連記事

  1. iPhoneをカーナビ代わりに利用する方法

  2. iPhone(ソフトバンク)の迷惑メール設定とは

  3. 迷惑電話対策に「着信拒否」を設定しよう

  4. iPhoneでラインを安全に使う為に!

  5. カメラのグリッド機能を使ってプロが撮影したような写真ができる裏技

  6. iPhoneXでアップルペイを使う場合の方法とは?

  7. 外出先でもiPhoneがあれば、Excelファイルを閲覧、編集する方法

  8. iPhoneの標準アプリが削除できるように

  9. iPhoneのサードパーティ製キーボード機能とは?

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. アップル、新しいMacBook Airのバッテリー…
  2. Safariの閲覧中にQRコードを読み取ることので…
  3. 2018年新型iPad Proを実際に使ってみた感…
  4. WEBページをPDFにてファイル保存する時の裏技
  5. 2018年新型iPad Pro 12.9インチハン…
2018年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

人気記事