注目の記事 PICK UP!

iPhoneで行うスケジュール管理とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

街中でも、ビル内でも、どこもかしこも手にスマートフォンを持ってる今の時代でも、スケジュール管理は手帳を愛用する人は多いと思います。
やはり対応するより、手書きでササッと書いてしまう方が手っ取り早いこととが要因でしょう。
一方で、iPhoneのカレンダーは、確かに詳細な予定を見る際にタップなどの操作が必要になる。サイズもディスプレーによって決まるため、手帳よりも見づらくなることもある。
これは、手帳という紙メディアの特性からすれば当たり前なのですが、iPhoneにはiPhoneなりの、優れたスケジュール管理法があります。
今回は、その点についてご紹介していきます。

h3 class=”style3a”>iPhoneの「カレンダー」は手帳より機能的!

iPhoneの標準アプリの「カレンダー」を使えば、あらかじめ入力した予定を忘れることはありません。
手帳ですと1日数回、スケジュールを管理するために手帳を確認する必要がありますし、1日にいくつもの予定がありますと、一つの予定がずれ込むことで次の予定の確認を怠ってしまうと、スケジュールに穴をあけてしまうこともあります。
iPhoneに標準搭載されるカレンダーを利用すれば、サウンドやバイブレーションで何らかの予定が近づいていることも知らせてくれますので、まずスケジュールの予定に気がつかず、逃してしまうということはないと言えるでしょう。
また、iPhoneでスケジュール管理を行うことで、位置情報を使えたりもしますので、初めて行く場所などの案内もスケジュールと一緒に確認することができるのでとても便利です。

iPhoneの「カレンダー」の利用の仕方

iPhoneの「カレンダー」は、予定スケジュールを入力する際に、予定時間の5分前、15分前、30分前、1時間前を設定可能なので予定通知をしてくれます。
これで、予定を忘れてしまうといったミスは、かなりの確率で防ぐことができます。
また、予定のある場所と現在地から、自動的に出発時間を逆算してくれる機能も搭載されています。
予定の場所をスケジュールと一緒に入力しておくことで、現在地から次の予定のある場所へ間に合うように、その時間の通知表示が自動的に行われるという優れた機能があります。
このように場所を入力するだけで、予定時間からを逆算してくれるのは、どのくらいの時間が次の場所までかかるかを考える必要もなくなるので、効率的なスケジュールを消化していくことが可能となります。

関連記事

  1. iPhoneで動画のスクリーンショットを撮影する裏技

  2. iPhoneのプレビュー表示がiPhoneXからこんなに便利になった!

  3. iPhoneの「手前に傾けてスリープ解除」とは?

  4. iPhoneのメールアドレスは携帯ではなくPCアドメイン!

  5. iPhoneを機種変更するベストタイミングはいつが良いか?

  6. つい忘れがちな入力機能もiPhoneにおまかせ!

  7. 「AirPods」が見つからない時はどうしたらいいの?

  8. iPhoneXの仮想ホームボタンってなに?

  9. iPhoneのキーボード設定を見直してもっと便利にチェンジする裏技

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. アップル、新しいMacBook Airのバッテリー…
  2. Safariの閲覧中にQRコードを読み取ることので…
  3. 2018年新型iPad Proを実際に使ってみた感…
  4. WEBページをPDFにてファイル保存する時の裏技
  5. 2018年新型iPad Pro 12.9インチハン…
2018年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

人気記事