注目の記事 PICK UP!

バレにくいけれど解除しやすいパスコードの裏技

このエントリーをはてなブックマークに追加

万が一の盗難やスキミングなど、日頃からiPhoneのセキュリティーには気をつける必要があります。他人に見破られにくいパスコードにするには、自分で入力するのも面倒になる程の複雑な文字列を想像するかもしれません。
今回は、バレにくいけれど解除しやすい魔法のようなパスコードの設定方法をご紹介します。

パスコード=数字4ケタだけじゃない

多くのユーザーが、iPhoneのパスコードというと数字4桁をイメージすると思います。しかし、パスコードは何も数字4桁の必要はありませんし、数字である必要も全くありません。

というのも、デフォルトでは数字4ケタから選択するようになっていますが、これはいつでも変更可能です。変更は、「設定」→「一般」→「Touch IDとパスコード」→現在使っているパスコードを入力→「簡単なパスコード」オフにします。

バレにくいパスコードのコツ1:特殊文字を使う

自分だけのパスコードを設定するには、あとはフルキーボードで好みに合わせた文字を設定するだけです。

数字とアルファベットを組み合わせるのもいいですし、数字とひらがなを使うのも相手には見破られにくいと思います。正直、組み合わせはいくらでもありますが、個人的にオススメしたいのはひらがなやカタカタ、アルファベット以外の文字列を使用することです。

具体的には、a、b、cなど通常の英語のアルファベットではなく「ą」、「å」、「ö」など他言語のアルファベットを使うことで、他人には予測しにくい文字を作れます。

入力方法は意外と知られていないですが、「a」の特殊文字を入力したい場合は「a」を長押しすれば他の選択肢が表示されるので、お好きな文字を選びましょう。特殊文字が使えるのは、「a、c、e、i、n、o、s、u、y、z」です。

バレにくいパスコードのコツ2:1文字のみ使用

さらに他人にバレにくいけれど解除が簡単なパスコードとして、1文字のみ入力する方法があります。1文字だけならバレやすいのでは?と思いがちですが、そもそも数字4桁で設定しているであろうスマートフォンのパスコードを1文字で設定していること自体考えるでしょうか。多くの人が少なくても最低文字数があると思っているのではないでしょうか。

この意外性を突くのが、究極のパスコードなのです。パスコードを入力する際に表示されるのは、フルキーボードなのでまさか1文字だとは誰も考えませんね。

この1文字は好きな文字にしてもいいですし、「コツ1」で述べた特殊文字を使うとより強度なパスコードになるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?今回は、iPhoneのパスコードに関する裏技を紹介しました。どんなに強度なパスコードでも、定期的に変更するようにして日頃から対策するようにしましょう。

出典1:https://www.pakutaso.com/20171101311post-13931.html

関連記事

  1. iPhoneのウイジット機能を使っていますか?

  2. iPhoneの入力をもっと便利に!意外と知らない裏技

  3. iOS11になって変わったiPhoneの通知設定について

  4. iPhoneの公共Wi-Fi自動接続をオフにする

  5. iPhone(ソフトバンク)の迷惑メール設定とは

  6. 大切な人からのメール気付かない人は「VIP登録」

  7. iPhoneの不在着信に名前が表示されない!簡単に調べる裏技

  8. iPhoneのスクリーンショットを編集する方法!

  9. アプリ操作中の「レビュー」を表示させないようにするには

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. iPhoneの組み立て工場のPegatronが関税…
  2. iPhoneメールのファイルに手書きができる裏技機…
  3. 11インチと12.9インチのiPad Proどっち…
  4. iPhoneのカレンダーをもっと使いこなす裏技
  5. Apple、AirPowerの求人情報を公開
2018年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

人気記事