注目の記事 PICK UP!

iPhone Xのディスプレイを「焼き付き」を防ぐ方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone Xは、「有機EL(OLED)」ディスプレイが搭載されており、画像や映像の明暗部分の階調をきれいに表示する「High Dynamic Range」、通称「HDR」にも対応している優れものディスプレイです。
色の再現精度も業界随一と言われるiPhone Xのディスプレイなのですが、発色やコントラストの機能の点で優れている分、ピクセル自体が発光するため「焼き付き」が発生することもあります。
そこで、今回はiPhone Xのディスプレイが常に綺麗な画面表示ができるように、焼き付きを防ぐ方法をご紹介いたします。

なぜ、iPhone Xのディスプレイは焼き付くのか?

従来のiPhoneシリーズの液晶ディスプレイは、画面の裏側からバックライトで光を当てて表示していたことから、バッテリーの消耗が早いというデメリットがありました。
一方、iPhone Xのディスプレイ「有機EL」は、黒を表示するピクセルはオフにできるため、そこに関わる電力を消費しないといった利点があります。
有機ELと液晶の違いは、液晶が常にLEDバックライトで後ろから照らしていることに対して、有機ELはひとつひとつのピクセルの発光を制御しているため、「暗いシーンをそのままのイメージで暗く映し出す」といったことができます。
しかし、ひとつのピクセルに長時間同じ色を表示し続けることは、焼き付きが発生するという難点につながります。

有機ELディスプレイの焼き付きを防ぐために

焼き付きのような現象が生じたら、画面をしばらくオフにすることが有効で、軽度の焼き付きならば15~20分程度で問題が解消できるようです。
焼き付く前に防ぐ方法としては、常にiOSのバージョンを最新にすると、AppleのiPhone Xの画面焼き付きを防ぐ、最新のディスプレイ制御技術を導入することが可能となりますので、iOSのバージョンを常に最新にしておきましょう。
次に、「明るさの自動調節」をオンにして、むやみに画面を明るくしないように保つことです。

明るさの自動調節は、設定アプリ【一般】⇒【アクセシビリティ】⇒【ディスプレイ調整】の【明るさの自動調節】でオンを選択すれば完了です。
画面の自動ロックまでの時間を30秒から1分などに設定するとか、明るい画像を表示したままにしないように注意しましょう。

そして、iPhone Xの電源を切った後で、ディスプレイにモヤのような表示が出る場合は、焼き付きが発生していると考えられますので、もし焼き付きが気になるようでしたら、ディスプレイの交換修理をすることをおすすめいたします。

関連記事

  1. iPhoneが、ハッキングされないように気をつけよう

  2. iPhoneのクロームでも後で読む機能が使えるように!

  3. iPhoneの入力をもっと便利に!意外と知らない裏技

  4. iPhoneXの仮想ホームボタンってなに?

  5. Apple Payの使い方の基本③

  6. 容量の確保!iPhone純正アプリを削除する方法

  7. iPhoneの公共Wi-Fi自動接続をオフにする

  8. iPhoneで試してみよう、裏技のご紹介その①

  9. Apple Payの使い方の基本②

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. iPhoneにもキャプスロックがあった!大文字入力…
  2. Apple WatchのTime Travel機能…
  3. 2018年のiPhoneは699ドルから!OLED…
  4. AirPowerの値段は149ドル?リーク情報まと…
  5. iPhoneのメールで引用文を非表示にする方法とは…
2018年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

人気記事