注目の記事 PICK UP!

メッセージアプリで特定リンクを受信することで起こる不具合

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年1月に、iPhoneなどiOSの「メッセージ」アプリで特定のリンクを受信すると、端末やアプリがフリーズする不具合(chaiOS)がいくつか報告されています。

iOS10.0からiOS12.5までの端末に起こる不具合のようで、iPhoneXとiPhone5sのユーザーで不具合が確認されています。

メッセージアプリを使っているユーザーには、起こる可能性のある不具合なので気をつけたいですね。

日頃からよく使うメッセージアプリ

iPhoneに標準で内蔵されているメッセージアプリは、iOSユーザー同士で行うiMessageなどよく使う機能の一つ。メッセージアプリ内のあるリンクを受信するだけで、不具合が起こる可能性があります。

問題となっているのは、Githubのショートカットリンクで、メッセージアプリ上ではうまく読み込めなくアプリや端末がクラッシュしたり、最悪フリーズしてしまいます。

リンクを開かなくても、そのリンクが送られた時点で不具合の原因になる恐れがあるので一刻も早い解決法が欲しいです。

今、できる対処法

今、ユーザーができることはあるのでしょうか。

リンクにクリックしなくても受信しただけで不具合が起こる可能性があるので、一番怖いのは悪用された場合です。

このリンクは実質的に誰でも作れると言われており、もしURLが出回ったら本当に怖いですね。

まず、Appleの標準ブラウザである「Safari」の設定からGithub.io.のドメインをブロックする、または不具合が発生する前に怪しいリンクを削除することが推奨されています。

もし該当リンクを受信してしまった場合は、メッセージアプリは完全にフリーズするので、アプリを終了させてリンクを送ってきた相手とのメッセージ履歴を完全に消去します。

Githubは少し前に、iOSデバイスやMacでクリックするとフリーズするという問題があったばかりなので、十分気を付けたいものです。

まとめ

iPhoneのバグや不具合が発生するのはある意味仕方ないことですが、しっかりとした予防と対応が重要です。

大切なデバイスが故障したり、個人情報の流出になればさらなるダメージを受けるのでしっかりと情報収集をしておきましょう。

では、この記事が読者のみなさまの参考になれば嬉しいです。

出典:https://www.photo-ac.com/main/search?q=メッセージアプリ&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&sl=ja

関連記事

  1. 2018年のiPhoneは699ドルから!OLEDモデルは512GBまで

  2. Phil Schiller、新しいインタビューでiPhone XRの命名と ‘720p&…

  3. Apple、今後もiPhoneで成長する見込み

  4. iOS11のQRコード読み取り不具合が発生

  5. 2018年に発売予定のiPhoneの出荷数は、iPhone 6以降最大になると予測

  6. iPhone SE2がいよいよ発売か!?「iPhone SE2」用ケースが中国で販売

  7. Apple、T2チップが2018年MacBook Proに問題を引き起こしている可能性

  8. Apple、iPhoneが勝手に盗聴されていないことを語る

  9. iOS 12の速度をiPhone 6とiPad Mini 2でテストしてみた結果

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. iPhoneの組み立て工場のPegatronが関税…
  2. iPhoneメールのファイルに手書きができる裏技機…
  3. 11インチと12.9インチのiPad Proどっち…
  4. iPhoneのカレンダーをもっと使いこなす裏技
  5. Apple、AirPowerの求人情報を公開
2018年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

人気記事