注目の記事 PICK UP!

iOS11のQRコード読み取り不具合が発生

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年リリースされた「iOS11」から、新たに追加されたQRコードの読み取り機能。
今まで、別アプリを使って読み取る必要があったので、多くのユーザーが待ち望んでいた機能の一つでしょう。ただ、QRコード読み取りに関するバグが発生しています。

iOS11にアップデートした、全てのユーザーが対象です。

URLを偽装して悪意あるサイトへ飛ばされる

セキュリティ情報サイト「infosec」が、このQRコードにカメラをかざしてURLを読み取る機能を悪用して、危険性のあるWebサイトへ飛ばす危険性があると問題になっています。

通常、QRコードを読み取ると画面上部に移動先の情報が通知されますが、このバグでは通知をタップすると表示されているURL先ではなく、infosecのサイトへ飛ばされます。

原因と対処法は?

このバグは、infosecによるとiOS11がQRコードからURLの認識方式に不具合があるため、だと指摘されています。

infosecは、このバグについて昨年12月23日にAppleに報告しているものの、いまだに修復されていません。まだ具体的な対処方法があるわけではないので、IOSのアップデートなど公式アナウンスがあるまで、QRコードは使わない方が安全かもしれません。

それか、本当に信頼できるサイト以外、QRコードで読み取らないようにした方がいいでしょう。

万が一のQRコード読み取りを防ぐために、QRコード読み取り機能をオフにすることをオススメします。

設定方法は、「設定」→「カメラ」→「QRコードをスキャン」をオフにするだけ。

オススメの代替えはGoogle「Chrome」

Appleから確かな対処策が発表されるまで、QRコードスキャン機能を使わない又はサードパーティー製のQRコードスキャンを使うかの選択になるかと思います。

無料で使えるサードパーティー製のアプリはたくさんありますが、その中でもGoolgeの「Chrome」が3D Touchでも使えるので非常にオススメです。

もちろん、アプリは無料でインストール可能です。

ちなみに、Chromeでは今回のバグは発生しないことがわかっています。

せっかく追加されたQRコード読み取り機能ですが、確かな発表があるまでもうしばらく待ちましょう。

関連記事

  1. Apple、MacBook Pro 2017 Touch Bar非搭載モデルの交換プログラム開始

  2. 2018年新型MacBook Proの9つの主要機能を紹介!

  3. Apple、T2チップが2018年MacBook Proに問題を引き起こしている可能性

  4. 2018年発売予定のiPhoneSE2の新機能は?

  5. AirPowerの値段は149ドル?リーク情報まとめ!

  6. Appleイベント直前!発表される製品予想(前編)

  7. Apple、法執行機関のiPhoneハッキングを無効にする計画を発表

  8. 2018年のiPhoneは699ドルから!OLEDモデルは512GBまで

  9. Appleイベント直前!発表される製品予想(後編)

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. iPhone XSとiPhone XR:デザイン、…
  2. iPhone XSとiPhone XR:デザイン、…
  3. iPhoneの充電機能を最速にする意外な裏技とは?…
  4. iPhone XS、iPhone XR、iPhon…
  5. iPhone XS、iPhone XR、iPhon…
2018年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

人気記事