注目の記事 PICK UP!

iPhoneのバッテリー状態を自分で確認できるように!

「iOS11.3」の最新版のアップデートでは今までなかったiPhoneバッテリーの劣化状況などを確認することができます。通常購入した時は100%の最大量量がありますが、それが経年劣化することで最大容量が少なくなっていきます。それを明確な数値で表してくれるのです。

iPhoneのバッテリー状況を自分で確認する

1.iPhoneの「設定」画面をタップします
2.「バッテリー」をタップします
3.「バッテリーの状態」をタップします
4.この画面の中には「最大容量」と「ピークパフォーマンス性能」の2種類があります。最大容量とはiPhoneを新品で購入した場合と今のバッテリー容量の基準です。新品時は100%なのに対して、それがだんだんと少なくなっていきます。最大500回のフル充電をした場合でも80%を下回ることはないようにできています。ピークパフォーマンスとはバッテリー性能の低下により突然のシャットダウンを防止する為の管理機能になり、iPhone6以降に追加された機能になります。正常な場合は「お使いのバッテリーは現在、標準のピークパフォーマンスに対応していますと出ますのでこれ以外の表記になっている場合はバッテリーの交換を検討してみてもいいかもしれません。

iPhoneの便利なバッテリー機能をあなたも使いこなしてみてくださいね。

関連記事

  1. iPhone 5sの充電ケーブルは純正品を!

  2. iPhoneの聴覚機能をサポートする機能とは

  3. モバイルデータ通信は編集するのがベスト

  4. iPhoneの使用履歴を残したくないあなたに

  5. iPhoneのホームアプリとはなに?使えるの?

  6. iPhoneを機種変更するベストタイミングはいつが良いか?

  7. iPhoneXの仮想ホームボタンってなに?

  8. iPhoneでインターネットの広告を表示させない方法!

  9. iPhoneのコントロールセンターの追加機能について

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. iPhone iOS11.3について
  2. 使えない標準アプリから便利な標準アプリへ
  3. 容量の確保!iPhone純正アプリを削除する方法
  4. いつでもどこでも好きな音楽を!Apple Musi…
  5. Apple純正マップはこんなにも便利だった!
2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

人気記事