注目の記事 PICK UP!

iPhoneのバッテリー状態を自分で確認できるように!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「iOS11.3」の最新版のアップデートでは今までなかったiPhoneバッテリーの劣化状況などを確認することができます。通常購入した時は100%の最大量量がありますが、それが経年劣化することで最大容量が少なくなっていきます。それを明確な数値で表してくれるのです。

iPhoneのバッテリー状況を自分で確認する

1.iPhoneの「設定」画面をタップします
2.「バッテリー」をタップします
3.「バッテリーの状態」をタップします
4.この画面の中には「最大容量」と「ピークパフォーマンス性能」の2種類があります。最大容量とはiPhoneを新品で購入した場合と今のバッテリー容量の基準です。新品時は100%なのに対して、それがだんだんと少なくなっていきます。最大500回のフル充電をした場合でも80%を下回ることはないようにできています。ピークパフォーマンスとはバッテリー性能の低下により突然のシャットダウンを防止する為の管理機能になり、iPhone6以降に追加された機能になります。正常な場合は「お使いのバッテリーは現在、標準のピークパフォーマンスに対応していますと出ますのでこれ以外の表記になっている場合はバッテリーの交換を検討してみてもいいかもしれません。

iPhoneの便利なバッテリー機能をあなたも使いこなしてみてくださいね。

関連記事

  1. 「AirPods」が見つからない時はどうしたらいいの?

  2. 今さら聞けないiPhoneの「Siri」の設定と使い方

  3. iPhoneの「ベッドタイム」使いこなしている?

  4. iPhone-まるすうじ!

  5. 【SIM】5分で分かる!iPhone SIMロック解除のすべて

  6. iPhoneでFBを利用するときは、初期設定のままではNG

  7. メッセージリストの写真設定を使いこなそう

  8. 「Live Photos」をiPhoneの待受にして楽しもう!

  9. テザリングアイキャッチ

    【初心者向け】iPhoneテザリング機能の使い方

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. iPhone XSとiPhone XR:デザイン、…
  2. iPhone XSとiPhone XR:デザイン、…
  3. iPhoneの充電機能を最速にする意外な裏技とは?…
  4. iPhone XS、iPhone XR、iPhon…
  5. iPhone XS、iPhone XR、iPhon…
2018年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

人気記事