注目の記事 PICK UP!

iPhoneで撮影した写真をDropboxに直接保存する

iPhoneで撮影した写真は通常であればiPhone内の写真アプリに保存されますが、iPhoneが故障や修理が必要な時にデータごとなくなってしまう心配があります。だからこそ別のDropboxに残しておけば、余計な心配はありません。iPhoneで撮影した写真を直接Dropboxに保存する方法をご紹介します。

iPhoneの写真をDropboxに保存

1.まずはアップルストアから「Dropbox」をインストールします。
2.インストールしたら「ログイン」をタッチして「メールアドレス」や「パスワード」を入力しましょう。
3.「写真」アプリを起動してその一覧の中からDropboxにアップロードしたい写真を選択して「アクション」をタップしプリントの横にある「その他」をタップします。
4.「アクティビティ」の一覧にある「Dropboxmに保存」をオンにします。そうするとメニューにDropboxが追加されます。保存するフォルダを自由に決められるので選択して「保存」をタップします。すぐにアップロードがはじまりますのでそのままにしておきましょう。作業が完了するとDropbox内のフォルダに自動で保存されます。

この設定をしておけば間違えて消してしまった時もデータが無くなってしまい、後悔するなんてこともありませんよね。一箇所に保存するのではなく分散させることでデータを守ることにも繋がります。

関連記事

  1. つい忘れがちな入力機能もiPhoneにおまかせ!

  2. Apple Payの使い方の基本②

  3. iPhoneの広告で個人情報を公開しない方法

  4. アプリのアップデートを自動や手動に切替え可能!

  5. iPhoneでパノラマ撮影をしたい時は?

  6. スリープ状態のままだと勝手に画面が開いてしまう?

  7. iPhoneで撮影した思い出の写真を一気に見る方法

  8. iPhoneで計算機をよく使う人は必見!

  9. 書類をスキャンして業務の効率化をはかろう!

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. iPhone iOS11.3について
  2. 使えない標準アプリから便利な標準アプリへ
  3. 容量の確保!iPhone純正アプリを削除する方法
  4. いつでもどこでも好きな音楽を!Apple Musi…
  5. Apple純正マップはこんなにも便利だった!
2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

人気記事