注目の記事 PICK UP!

iPhoneが、ハッキングされないように気をつけよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneはパソコンと違って、ハッキングなんかされないよと思っている方が多いと思います。
しかし、iPhoneだってネット環境で利用するわけですから、パソコンと同じようにハッキングをされる危険性は伴います。
つまり、iPhoneもハッキングされることがあると認識をしておかなければなりません。
今回は、iPhoneがハッキングされないように、普段から取り入れるべきセキュリティ対策をいくつか紹介していきます。

iPhoneがハッキングされるとどうなる?

iPhoneがハッキングされると、パソコンのハッキングと同様にiPhoneを遠隔操作して、持ち主個人情報は疎か電話帳に登録している友人・知人・仕事先などの個人情報が流出してしまいます。
もちろん、LINEやFacebookなどのアカウントも簡単に乗っ取られてしまう可能性も出てきます。
Apple Payを利用していると、クレジットカード情報が登録されていれば、そのデータも盗まれてしまうわけです。
その他にも、遠隔操作によって盗聴・盗撮、位置情報の特定まで可能になりますので、プライバシーの侵害をうけることにつながります。
まず、iPhoneがハッキングされてしまった場合、身に覚えのない何らかの現象が起こります。
その中で多いのが、自分自身で覚えのない通知が届くという場合です。
自分で登録した覚えのないサイトからの登録通知とか、覚えのないメールなどが届き、アドレス登録を知らせる通知が届くなど、そうした場合はハッキングされたかもと考えた方がよいと思います。

iPhoneがハッキングの被害を受けないために

普段から気をつけるべきことは、まず送信元が不明の怪しいメールを開いたり、本文中に記載されているリンクのURLへは、やたらアクセスしないようにしましょう。
App Storeを経由していないiPhoneのアプリのインストールや使用も、ハッキングされる危険性があるため控えたほうがいいでしょうし、信頼のおけないWi-Fiには接続しない事も重要です。
そして、iPhoneのセキュリティの強化方法として非常に有効であると考えられる「Apple IDの2段階認証」という機能を利用して、一定期間ごとにパスワードの見直しも行うように日頃から。セキュリティに関して意識しておくとハッキング対策になりますので、習慣づけておくことをおすすめします。
そして、外出先で不用意にiPhoneを置いたまま離れてしまうとか、友人や知人でない他人に貸すことなども、ハッキングの危険にさらされるという風に考えておきましょう。
日頃からiPhoneの管理には、細心の注意を払うことをおすすめします。

関連記事

  1. iPhoneのトラブルでDFUモードを利用する方法

  2. iOS 11で追加された新機能

  3. iPhoneにかかってきた割り込み通話に対応する方法

  4. iPhone Xのバッテリーをなるべく長持ちさせるためには

  5. 連絡先の重複を防ぐ「リンク」の便利機能とは

  6. iPhoneの「指紋認証」を追加したい時

  7. iPhoneのビデオもトリミングできる!?その秘密とは?

  8. iPhoneの電波の繋がりが安定しない?見直して欲しいこと

  9. Touch IDの認証度をあげるちょっとした裏ワザ

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. iPhoneのsafariでページ内のキーワードを…
  2. 新型MacBook、macOS最新リーク情報!
  3. 待ち合わせに便利!iPhoneで自分の居場所を相手…
  4. iPhoneの写真を複数の友達と共有したいときは「…
  5. 新型MacBook Proレビュー〜後編〜
2018年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

人気記事