注目の記事 PICK UP!

iPhoneがフリーズした時の原因と対策方法!

このエントリーをはてなブックマークに追加

普段、インターネットを見たり、地図を検索したり、音楽を聞いたり、当たり前のように利用しているiPhone。

急にフリーズしてしまうと、今までできたことができなくなってしまうので焦ってしまいますよね。

今回は、iPhoneでフリーズが起こってしまった時の原因と対策について解説していきます。

iPhoneがフリーズする原因とは?

ソフトウェア側の問題でフリーズする場合と、ハードウェアの側の問題でフリーズする場合の2パターンがあります。

以下の原因で当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

ソフトウェア側の問題の場合の原因

ソフトウェア側の問題というのは、アプリやシステムなどハードウェア以外の原因のことを言います。

ソフトウェア側の問題となると、原因の特定が難しく、初期化や本体の交換となる場合があります。

  • アプリを起動しすぎている。
  • iOS自体に問題がある。

ハードウェア側の問題の場合の原因

ハードウェア側の問題は、アプリやシステム以外の、ディスプレイや本体などの物理的な原因のことを言います。

この場合、対処することはできますが、フリーズに対して対策をすることは難しく、買い替えの可能性が高いです。

  • iPhoneを落としたことによりフリーズしている。
  • 水が内部に侵入し基盤に不具合が出ている。
  • 本体が湾曲してしまっている。
  • ディスプレイに問題があり反応しない。
  • 長年使っていて、バッテリーが膨張している。
  • 液晶保護フィルムでうまくタッチを認識しない。

iPhoneのフリーズ対策を行う前にバックアップを取ろう!

もし、フリーズが一時的にでも治るのであれば、iTunesまたはiCloudにiPhoneのバックアップを取得しておきましょう。

バックアップを取得しておくことで、本体交換や買い替えの際にデータが残るので安心です。

Apple公式サイトにバックアップの方法が記載されていますので確認してみましょう。

iPhone、iPad、iPod touch をバックアップする方法

フリーズ時の対策方法

iPhoneの強制再起動

アプリを使っていたり、突然フリーズしてしまったら、再起動しましょう。

iPhoneの機種ごとに再起動方法が異なります。

iPhone 6/6sの強制終了方法