注目の記事 PICK UP!

iPhoneがフリーズした時の原因と対策方法!

このエントリーをはてなブックマークに追加

普段、インターネットを見たり、地図を検索したり、音楽を聞いたり、当たり前のように利用しているiPhone。

急にフリーズしてしまうと、今までできたことができなくなってしまうので焦ってしまいますよね。

今回は、iPhoneでフリーズが起こってしまった時の原因と対策について解説していきます。

iPhoneがフリーズする原因とは?

ソフトウェア側の問題でフリーズする場合と、ハードウェアの側の問題でフリーズする場合の2パターンがあります。

以下の原因で当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

ソフトウェア側の問題の場合の原因

ソフトウェア側の問題というのは、アプリやシステムなどハードウェア以外の原因のことを言います。

ソフトウェア側の問題となると、原因の特定が難しく、初期化や本体の交換となる場合があります。

  • アプリを起動しすぎている。
  • iOS自体に問題がある。

ハードウェア側の問題の場合の原因

ハードウェア側の問題は、アプリやシステム以外の、ディスプレイや本体などの物理的な原因のことを言います。

この場合、対処することはできますが、フリーズに対して対策をすることは難しく、買い替えの可能性が高いです。

  • iPhoneを落としたことによりフリーズしている。
  • 水が内部に侵入し基盤に不具合が出ている。
  • 本体が湾曲してしまっている。
  • ディスプレイに問題があり反応しない。
  • 長年使っていて、バッテリーが膨張している。
  • 液晶保護フィルムでうまくタッチを認識しない。

iPhoneのフリーズ対策を行う前にバックアップを取ろう!

もし、フリーズが一時的にでも治るのであれば、iTunesまたはiCloudにiPhoneのバックアップを取得しておきましょう。

バックアップを取得しておくことで、本体交換や買い替えの際にデータが残るので安心です。

Apple公式サイトにバックアップの方法が記載されていますので確認してみましょう。

iPhone、iPad、iPod touch をバックアップする方法

フリーズ時の対策方法

iPhoneの強制再起動

アプリを使っていたり、突然フリーズしてしまったら、再起動しましょう。

iPhoneの機種ごとに再起動方法が異なります。

iPhone 6/6sの強制終了方法

「電源ボタン」+「ホームボタン」を同時に長押し

iPhone 7の強制終了方法

「電源ボタン」+「下のボリュームボタン」を同時長押し

iPhone 8の強制終了方法
  1. 「上のボリュームボタンを1回押す」
  2. 「下のボリュームボタンを1回押す」
  3. 「電源ボタンを長押し」
iPhone Xの強制終了方法
  1. 「上のボリュームボタンを1回押す」
  2. 「下のボリュームボタンを1回押す」
  3. 「電源ボタンを長押し」

特定のアプリを再インストール

特定のアプリでフリーズする場合は、そのアプリを一度アンインストールして、再度インストールしてみましょう。

iPhoneのOSをアップデート

何もしていなくてもフリーズする場合は、一度本体のバックアップを行ってみましょう。

iPhone、iPad、iPod touch をアップデートする

iPhoneを初期化する

  1. 「設定」→「一般」→「リセット」とタップしましょう。
  2. 「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップしましょう。
  3. しばらく待つと、iPhoneが初期化されます。

液晶保護フィルムを貼り替える

液晶保護フィルム内にホコリが入っていませんか?

ホコリが原因でフリーズしてしまう可能性もありますので、液晶保護フィルムを貼り替えてみましょう。

現象が改善される可能性があります。

ハードウェア側に明らかに問題がある場合

本体が曲がっている、バッテリーが膨張しディスプレイが浮き出てきている、画面が割れているなど、物理的な破損がある場合は、修理に出すのが一番です。

Apple Careに加入していれば、修理料金が一部割引になりますが、加入していない場合は修理に相当の金額がかかります。

まず、修理に出してみないことにはいくらかかるか不明なため修理に出すことをオススメします。

また、本体の初期化を行っても解決しないという場合も、修理に出すのをオススメします。

通常、ソフトウェアの問題であれば、初期化すれば大概治ります。

それでも治らないということは、内部の部品が破損している可能性があるため、Appleでみてもらいましょう。

iPhoneの修理はコチラ

まとめ

最後に、iPhoneがフリーズした場合の対策の流れをまとめてみました。

以下の流れを確認して、あなたが何をすればいいのか、一つ一つ確認していきましょう。

フリーズ発生

強制再起動を行う

iPhoneがフリーズするパターンを見極め必要な対応を行う。(どんな時にフリーズするのか)

iPhoneのiOSやアプリを最新の状態にアップデートする。

iPhoneを初期化する。

ここまで対策を行ってもiPhoneがフリーズしてしまう場合は、修理になります。

Appleの保証範囲内であれば、無償で修理対応になりますが、画面割れや、水濡れ、湾曲、落下痕があれば有償になりますので気をつけましょう。

 

関連記事

  1. iPhoneが、突然起動しないときの対処方法!

  2. iPhoneがフリーズした時の対処方法

  3. iPhoneの液晶画面のガラストラブルについて!

  4. iPhoneの不具合を解決できない時に初期化する方法!

  5. iPhoneの画面の通知表示が消えない原因と対処方法

  6. iPhoneカメラの故障

  7. iPhoneヘッドフォンからの音が出ない時の対処法

  8. このアクセサリは使用できません!

  9. iPhoneのパスコードを忘れ、ロック解除できない時の対処方法

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2018年新型iPad Proを実際に使ってみた感…
  2. WEBページをPDFにてファイル保存する時の裏技
  3. 2018年新型iPad Pro 12.9インチハン…
  4. iPhoneの入力はユーザー辞書を使いこなすだけで…
  5. MacBook Airレビューまとめ!ほとんどの人…
2018年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

人気記事