注目の記事 PICK UP!

2016年以降に販売されたMacBook Proのキーボードの不具合でリコールの署名運動

このエントリーをはてなブックマークに追加

お使いのMacBook Proのキーボードは大丈夫ですか?

2016年に発売されたMacBook Proに搭載されているバタフライキーボードは、多少のホコリが入った場合打ちにくくなると言う不具合が報告されています。

以前から問題となっていましたが、バタフライキーボードについて、デザイン的に問題があるということで、リコールの署名活動が行われています。

リコールの活動を行なっている団体は、MacBook Proのバタフライキーボードを交換するようにAppleに求めています。

MacBook Pro 2016年モデルに搭載されたバタフライキーボードの不具合

Appleは、2016年に発売したMacBook Proに新しい構造を採用したバタフライ・キー・スイッチ・キーボードを発表しました。

発売して間も無く、キーボードの使いにくさについてのクレームがAppleに寄せられたのが事の発端です。

米メディアAppleInsiderは、2014年、2015年、2016年、2017年に発売された、MacBook Proの不具合件数を、米国内のApple Storeに置かれたGenius Barと正規代理店でのサービスデータを独自に入手し調査を行ないました。

この調査では、衝撃や水濡れなどの保証対象外の修理は、集計対象から除外されています。

また、13インチと15インチのMacBook Proモデルでは採用されているキーボードが同じメカニズムであるため、集計をまとめて行いました。

MacBook Proに搭載されたキーボードの不具合に関するデータ

すべてのデータは、Appleが認定した第三者の修理店だけでなく、米国Apple Genius Barsから収集されています。

2014年MacBook Proのデータ

サービスイベント:2,120件

キーボードの問題のサービスイベント:118件

キーボードの修理発生率:5.6%

2015年MacBook Proのデータ

サービスイベント:1,904件

キーボードの問題のサービスイベント:114件

キーボードの修理発生率:6.0%

2016年MacBook Proのデータ

サービスイベント:1,402件

キーボードの問題のサービスイベント:165件

キーボードの修理発生率:11.8%

2017年MacBook Proのデータ

サービスイベント:1,161件

キーボードの問題のサービスイ