注目の記事 PICK UP!

macOSから ‘mshelper’マルウェアを削除する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

Macに感染するマルウェア「mshelper」

お使いのMacが暑くて、最近の予想よりも高い速度でバッテリーを使用している場合は、「mshelper」の影響を受ける可能性があります。

「mshelper」がパソコンに感染すると、ビットコインやアルトコインなどの仮想通貨のマイニングにパソコンが勝手に利用されてしまいます。

そのため、パソコンのリソースの使用率が上がり、マイニングにリソースが割り当てられ通常の操作が遅くなったりしてしまいます。

MacOSに影響を及ぼす新しいマルウェアが流通し始めています。

Macユーザーからの投稿がAppleサポートフォーラムやRedditに上がっています。

影響を受けるMacシステムでは通常、プロセッサがCPUが高水準で動作しているため、この不要なプログラムでリソースが使用されているために他のソフトウェアが最適に動作しなくなる可能性があります。

また、プロセッサ使用率が高いため、常にMacをファンで動作させ、無駄に電力を消費してしまう結果、バッテリーの持ちが悪くなってしまう可能性があります。

MacBookユーザーにとって、mshelperの感染はバッテリーの寿命が通常より短くなることを意味します。

このような高速でプロセッサを利用するためにmshelperが何をしているのかは不明ですが、アップルのサポートフォーラムでは、アドウェアや犠牲者のコンピュータでの暗号化に使用されるプログラムの可能性を示唆しています。

プロセッサの使用以外にも、ランサムウェアの典型であるように、影響を受けるデ