注目の記事 PICK UP!

Apple、内部の資料からiPhone6は発売前から曲がりやすいことを知っていた?

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone6の曲がりやすい問題、Appleは事前に把握

Appleは、iPhone6発売以前から、iPhone6がそれ以前に発売したどのiPhoneよりも曲がりやすいことを把握していた。

iPhone 6とiPhone 6 Plusには製品状の欠陥は存在しないとしていたが、社内の見直しによれば、誤タッチやゴーストタッチを防ぐためには工学的な変更が必要であることが明らかになった。

Appleの社内テストによると、iPhone 6とiPhone 6 PlusはiPhone 5Sよりもはるかに曲がりそうだということが明らかになった。

発売以前から曲がりやすいという情報を把握していたにも関わらず、AppleはiPhone6が曲がりやすい問題を公表しなかった。

iPhone6/6 Plusは、はゴーストタッチに悩まされているにもかかわらず、技術的な改善をなされていない。

この情報は、アップル社が接触疾患に関する顧客を誤ったと主張している集団訴訟で封印された内部Apple文書に含まれている。

iPhone6の曲がりやすさは、iPhone5の3.3倍

米国地方裁判所の裁判官Lucy Kohは、最近の見解では、この情報を公開している。

同社によれば、iPhone 6はiPhone 5よりも曲がりが3.3倍、iPhone 6 PlusはiPhone 5よりも7.2倍曲がっている可能性があるという。

米国地方裁判所の裁判官Lucy Kohは以下のように書いている。

「AppleがiPhoneを発売する前にAppleが主張していた主な懸念の一つは、以前の世代に比べて容易に曲がり易いということだった。」

しかし、AppleはiPhone 6とiPhone 6 Plusの技術的な問題はないと主張していた。

しかし、その後の社内のレビューによれば、ゴーストタッチを予防するためには工学的な変更が必要であることが示された。

米国地方裁判所の裁判官Lucy Kohは、iPhone 6と6 Plusがリリースされてから1年半後の2016年5月に、Appleは静かにゴーストタッチに関連するロジックボードの部分を補強し始めたと述べました。

Appleは2016年11月に公表されたサービス通知で、iPhoneが「何度も落とされたために、デバイスがゴーストタッチを引き起こす。」と述べています。

Apple社の高品質基準の製品テストの実態

iPhone 6とiPhone 6 Plusが2014年9月にリリースされた直後、iPhoneが簡単に曲がったと言っていました。

Appleが「3点曲げ、圧点サイクリング、座屈、ねじり、ユーザー調査などの開発サイクル全体を通して厳しいテストを実施している」と声明を発表した後のことです。

2016年初頭には、多くのiPhone 6と6 Plusのデバイスが「ゴーストタッチ」の症状を呈し始めました。

ディスプレイの上部には灰色のバーが点滅し、タッチスクリーンは完全に機能しなくなるか、断続的に機能するような状態になります。

民間の修理専門家は、ユーザーのタッチをデジタル信号に変換する「タッチIC」チップが、ロジックボードから部分的に離れていたために、これが原因であることを突き止めました。

「設計上の問題であり、エンドユーザは電話交換する以外に何もできない」と語った。

「本当にあなたができることは、電話がたわむようなことを避けることです。電話を落とさない、電話に出入りするために力をかけない、後ろのポケットに入れないでくださいでください。」と語っています。

 

iPhone6についての集団訴訟

問題が広がり、最終的には1年以上継続していたアップルに対して集団訴訟が提起された。

その場合の発見の結果、Appleは内部テスト文書と報告書を原告の弁護士に引き渡す必要がありました。

これらの文書は公開されていませんでしたが、今月情報を公開しました。

 

 

Appleは前世代のiPhoneでアンダーフィルを使用していましたが、何百万ものiPhoneが販売された後、iPhone 6とiPhone 6 Plusにアンダーフィルが必要だったことを認識していたとしています。

Appleは2016年11月まで、ゴーストタッチを認めませんでした。

アップルはゴーストタッチが発生しているiPhoneについて、149ドルで置き換えると発表しました。

Appleの弁護士は、集団訴訟を提起した裁判所で、厳格かつ包括的な信頼性テストデータにより、iPhoneを落としたりなどしていない場合はゴーストタッチを引き起こすことはないとして、今も裁判中です。

Appleは、アップルの内部テストを「改善」していません。

Appleは、原告の専門家の証言は専門家ではなく、雇用者が彼のためにiPhoneを購入したとし、消費者は誤った情報や漏れの嘘に一様にさらされていない可能性があるという。

Source:Motherboard

関連記事

  1. Apple Storeで配信中の15,978個のアプリに「ZipperDown」による情報漏洩の可能…

  2. Appleイベント直前!発表される製品予想(後編)

  3. Siriが人間が聞き取れない音で勝手に操作される

  4. iOS12から新たなリーク情報!AirPod、デュアルSIMなど

  5. Apple、iPhone XR用の新しいクリアケースを発表。価格は約40ドル。

  6. iOS 12のベータ6を開発者に提供開始

  7. アップル、新しいMacBook Airのバッテリーを個別に交換できる

  8. Apple、MacBookProのタッチパッドをなくすかも?

  9. iPhone XS、iPhone XR、iPhone 8、iPhone 7を比較(前編)

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2019年新型iPhoneとAirPowerはどう…
  2. 2018年のApple Watchの未来
  3. iPhoneでメールを送信する時の著名は編集できる…
  4. iOS 13に搭載されてほしい機能!
  5. iPhoneの写真をもっと上手に撮るグリッドとは?…
2018年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

人気記事