注目の記事 PICK UP!

Apple、ワシントンの拠点にエンジニアを収集か。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Apple、ワシントンの拠点にエンジニアを収集

Appleは、ワシントンの新しい拠点に、複数のエンジニアと研究スタッフを集めていると伝えられています。

採用は昨年11月に始まったようで、今後数年以内にAppleがIntelチップをARMベースのMac CPUに置き換えることについての噂がささやかれています。

このニュースは地元のサイトOregon Live(Patently Apple経由)によって報告されました。

Appleは、ワシントンの拠点で着実に新製品の準備をしていると予想されています。

シリコンバレーにある拠点で、ハードウェアエンジニアリングラボで人を雇っています。

LinkedInのプロファイルによると、Appleは11月以来、ワシントン拠点のサイトを雇用しており、雇用された新社員の多くはこれまで、Intelでシニアリサーチやエンジニアリングの役割を担っていた。

この役割では、「設計検証の専門知識」、つまり完成した製品と元の設計仕様を比較して要件を完全に満たしているかどうかを確認する機能が求められます。

最近、AppleがiPadとMacのARMベースのタッチスクリーンハイブリッドに取り組んでいることが示唆されました。

PegatronはARM搭載のMacBookを作る予定

その後の報告では、PegatronはARM搭載のMacBookを作る予定です。

具体的な主張には疑問がありますが、Appleがインテルの代わりにAppleが設計したARM CPUを搭載した最初のMacの2020年の日付を目指しているという、より信頼できるBloombergの報告に続くものです。

我々は最近、そのような動きが将来のMac向けの計画の一部である理由を概説しました。

元Intelのエンジニアと研究者をチームに導くことは、確かにその道を歩む明白なステップになるでしょう。

ARM搭載型のMacBookの製造をAppleは否定していますが、発売するかどうかは、まだわかりません。

Appleが目指すコンピューターの形とは

1981年、Xeroxは「Xerox Star」というワークステーションをリリースしました。

これは、ビットマップディスプレイ、グラフィカルユーザーインターフェイス、マウス、電子メールへのアクセスを備えた、最近コンピュータと見なされる最初の商用デバイスでした。

30年以上後、Appleは新しいデバイス、コードネームの「Star」に取り組んでいます。

興味深いモデル名N84を使用した新しいデバイス、ARMプロセッサを搭載した最初のMac、または最初のiOSノートブック、あるいはまったく異なるものになる可能性があります。

Macは2006年からIntelプロセッサを使用しており、Appleのモバイルデバイスは2010年からApple設計のプロセッサを使用しています。

Appleは2020年までにMacを独自のプロセッサに移行する予定です。

スター・プロジェクトに関する情報を数か月にわたってサプライチェーンの情報源を見続けてきました。

現在プロトタイプ段階にあり、プロトタイプは中国のAppleのパートナーであるPegatronによって製造され、他のApple iOSデバイスも製造しています。

アップルの従業員によるテストのため、少数のユニットがクパチーノに出荷されています。

これらのプロトタイプは、少なくとも2018年1月から生産されていると予想されています。

デバイスの可能性に関する情報はあまりありませんが、タッチスクリーン、SIMカードスロット、GPS、コンパス、耐水性があり、EFIも動作することはわかります。

EFI(Extensible Firmware Interface)はMacで使用されるブートシステムで、Starプロジェクトが潜在的に2020年に出荷予定の最初のARMベースのMacになる可能性があると考えています。

新しいデバイスはまた、新しいデバイスファミリとして分類され、iOSの派生物を実行します。

デバイスファミリは、さまざまなiOSデバイスの特性を記述するカテゴリです。

たとえば、iPadとiPhoneは異なる路線でユーザーを分けています。

画面が大きく、インターネットを中心として使う人向けはiPad、スマートフォンとして使うのであればiPhoneを使うように路線が別れています。

今後、デバイスに搭載される予定のARMプロセッサは既にLTEとGPSをサポートしていますが、ARMのプロセッサは、IntelベースのMacとは多少異なるかもしれません。

iPad、iPhoneに次ぐ第三のデバイスが今後Appleから発売されることで、Macのラインナップも大幅に見直される可能性があります。

近い将来、パソコンは私たちの使っている形とは違う形になるかもしれません。

 

 

Source:9To5Mac

関連記事

  1. 2018年新型Mac miniの詳細なRAMアップグレードプロセス

  2. 2018年発売予定のiPhoneSE2の新機能は?

  3. アップルの新型2018 Mac Miniはデザイナー用途も大丈夫

  4. 6.1インチのiPhoneの新しいコンセプトアートを公開

  5. 正規店修理、非正規店修理、iPhone修理はどちらでもOK!?アップルの方針が変更に!

  6. 減少するスマートフォン市場でアップルが「重力に打ち勝つ」ことができるかどうか

  7. 2018年の新型iPhoneに追加の新色か。ブルー、イエロー、ピンクのイメージ。

  8. Apple、T2チップが2018年MacBook Proに問題を引き起こしている可能性

  9. 2018年のApple Watchの未来

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. iPhoneの組み立て工場のPegatronが関税…
  2. iPhoneメールのファイルに手書きができる裏技機…
  3. 11インチと12.9インチのiPad Proどっち…
  4. iPhoneのカレンダーをもっと使いこなす裏技
  5. Apple、AirPowerの求人情報を公開
2018年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

人気記事