注目の記事 PICK UP!

iOS 12、iPhone X Plusからのアクセスを多数確認。Appleのテストか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

次のWWDCに期待

Appleは、WWDC2018の基調講演で、新しいハードウェアを発表しませんでした。

新しいMacや第2世代のiPhone SE、安価なHomePodが発表されると予想されていましたが特に発表はありませんでした。

これらのデバイスのいくつかがAppleの次回の基調講演を待つ必要があることを意味します。

同社は、iPhoneの記者会見が行われる9月中旬まで、これ以上イベントを開催する予定はありません。

しかし、今年来る「iPhone X Plus」についての最も重要な質問の1つに答えようとするために、9月まで待つ必要はありません。

様々な報告によると、今年発売予定のiPhone X Plusは6.5インチのOLEDスクリーンを搭載し、iPhone 8 Plusと同程度の大きさになると主張しています。

もちろん、iPhone Xのサイズが4.7インチのiPhoneとほぼ同じであることを考慮すると、AppleはiPhone X Plusを発売してもおかしくありません。

Apple、iOS12発表に向けてテストか。

Appleは今秋、3つの新しいiPhone Xの後継製品を店頭に置くことになります。

AppleとWWDCイベントに先立つiOS 12のテストから、iPhone X Plusが存在することを確認できます。

Appleは最近、2月下旬にiOS 12ビルドのテストを開始しました。

Google Analyticsは、iOS 12を実行しているデバイスからBGRへの訪問を確認しました。

訪問数は6月に近づくにつれて増加しました。

アップルのエンジニアは、WWDCイベントよりもずっと前に、iOS 12の早期テストをさまざまなデバイスで行った可能性が高いです。

また、Appleのエンジニアであれば、通常のユーザーはすぐに見つからないので、野生のiOS 12を安全にテストできますが、アナリティクスプログラムを常に欺くことはできません。

このように、2月下旬から5月下旬にかけて、BGRはiOS 12を実行しているデバイスから数百回の訪問を受けました。

そのうちのいくつかがiOS 12デバイスを偽装していたとしても、AppleからのチェックインとしてiPhonesやiPadsとしてすぐに識別できるデバイスからの訪問はまだまだたくさんあります。

画面解像度だけで見ると、iPhone X、iPhone 8/7 / 6sPlus / 6s / 6Plus / 6、iPhone 8Plus / 7Plus、12.9インチiPad Pro、10.5インチiPad Pro、iPhone SE、そして、iPhone X Plusです。

iPhon