注目の記事 PICK UP!

iPhone、iPadをクラッシュさせる「Black dot」バグに注意!

このエントリーをはてなブックマークに追加

メッセージアプリを利用して送信先のiPhoneをクラッシュさせるバグが広がる

iOS 11.3 and iOS 11.4でメッセージアプリを利用したバグが広がっています。

このバグは「Black dot」バグと呼ばれ、もともとはAndroidに起源があるとされています。

バグが発生する問題の文字列

以下の文字列をメッセージを通じて相手に送信すると、送信された側はアプリがフリーズし、iPhoneを再起動せざるを得ない状態になります。

<⚫>👈

バグが発生するiOS

iOS 11.3 and 11.4

※どちらのバージョンも黒いドット文字に依存してフリーズやクラッシュを引き起こします。

秘密は、文字列に隠れた見えないUnicode文字が何千も含まれていることです。

システムはその文字列を処理しようとするとCPUサイクルを狂わせます。

この特別に細工されたテキストがメッセージを通じて送信された場合、受信者がメッセージを読むときにクラッシュが発生します。

バグが発生するのは、iOSだけじゃない!

「Black dot」バグによる問題は、iOSだけでなく、watchOSやtvOSにも影響します。

MacOSでは、メモリ使用量が制御不能になり、30ギガバイトのスワップファイルが作成されました。

テストはされていませんが、watchOSやtvOSにも同じ欠陥が存在すると予想されます。

膨大な数の見えない文字がテキスト処理エンジンを無限に回転させて文字列を処理するように動作し、最終的にはシステムがクラッシュされ、フリーズしてしまいます。

このバグは、イタズラで広まっており、Appleは早急に修正パッチをリリースする必要があるでしょう。

バグが発生したらどうしたらいいの?

誰かがこれをあなたに送った場合の回避策を見ていきましょう。

Appleが原因に対処するための新しいファームウェアをリリースするまでは、フリーズに対する対処方法を実施する必要があります。

1.メッセージアプリを強制終了し、3Dタッチを使用して新しいメッセージ画面を開きましょう。

2.メインメッセージリストに戻って悪意のあるスレッドを削除しましょう。

3.別のiCloud同期デバイスに移動して、メッセージをリモートで削除することもできます。

Unicodeは複雑で多様です。

基本的にベンダーは、システムのパフォーマンスを保持する方法でテキストに関するすべてのバグを排除する