注目の記事 PICK UP!

豪州裁判所、民間業者で修理したiPhoneを修理しない問題について罰金命令

このエントリーをはてなブックマークに追加

豪州裁判所、「エラー53」のiPhoneを修理しないAppleに対して罰金命令

Appleは、昨年、多くのユーザーに影響を与えた「エラー 53」のバグで、オーストラリアの連邦裁判所によって9百万ドルの罰金の支払いの命令を受けました。

オーストラリアの消費者委員会は、この問題に関してアップルに対して訴訟を起こしました。

サラ・コート氏は、シドニー・モーニング・ヘラルド氏の報告によると、アップル社は、オーストラリアの顧客がサードパーティによって修理された製品を修理するのを拒否しています。

消費者側の言い分としては、iPhoneやiPadのガラスは割れやすく、割れた画面を修理しただけで、保証されなくなるのはおかしいと、抗議しています。

しかし、Apple側の見解としては、第三者による修理があったため、Appleが修理することはできないとしています。

修理の本来のあるべき姿について、「iPhoneの基盤システムを損傷しない」限り、第三者によって「顧客と消費者は自由にスクリーンやその他の修理を行うことができる」必要があるのではないかと訴えています。

声明のなかで、Appleはオーストラリア市場への取り組みを約束し、顧客に優れたサービスを提供するためにできることを続けるとしています。

Appleの広報担当者は、「われわれは提供するサービスを強化する方法を絶えず探しており、これについてACCCと非常に生産的な会話をしていました。

オーストラリアのすべてのお客様に優れたサービスを提供するためにできる限りの努力を続けます。」と述べています。

Appleは2016年に、顧客がホームボタンを第三者に置き換えたときにエラー53が発生したと説明しました。

セキュリティチェックを実行し、Touch IDモジュールが異なるため、デバイスはチェックに失敗してしまうために発生してしまうエラーです。

この問題は、合衆国での集団訴訟の対象でもあったが、それは最終的には棄却されました。

エラー53に関連したバグ

エラー53に関連する不具合は様々あります。

・iOS 11.3がインストールされている、iPhone 8、iPhone 8 Plusでエラー 53が発生します。