注目の記事 PICK UP!

iOS、Androidアプリ、バックグラウンドから情報漏洩

このエントリーをはてなブックマークに追加

何百ものiOSアプリからデータが漏洩

セキュリティ研究者は、iOSとAndroidアプリが3,000以上のユーザーデータを漏洩させ、平文パスワード、健康情報、GPS位置情報などを含む1億件を超える情報が流出したとしています。

モバイルアプリのセキュリティ企業であるAppthorityの新しいレポート「Q2 2018エンタープライズモバイル脅威レポート」によると、この問題は、「HospitalGownの脆弱性」と呼ばれる新しいウイルスの亜種によって引き起こされています。

HospitalGownは、「バックエンドのデータストアを介して漏洩した」データを扱うため、名前を付けられ、2017年にAppthority Mobile Threat Teamによって最初に特定されました。

今、Appthorityは、アプリ開発者がGoogle Firebaseクラウドデータベースの認証を要求しないときに問題が発生していると報告しています。

これは開発者が一般的な開発ツールを使用しているときにデフォルトでは行われません。

Appbaseは、Firebaseデータベースを使用