注目の記事 PICK UP!

6.1インチLCD iPhoneリーク情報まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

6.1インチLCD iPhoneまとめ

デザイン&サイズ

LCDのiPhoneは、5.8インチのiPhone Xと6.4インチのiPhone X Plusの真ん中に位置する騎手として販売されると予想されます。

寸法に関しては、サプライチェーンからのリーク情報による回路図によると、LCDのiPhoneは150.91mm×75.72mm×8.47mmのサイズで供給されると主張しています。

これは、157.53mm×77.44mm×7.85mmのiPhone X Plusと、143.6mm×70.9mm×7.7mmのiPhone Xとの比較です。

LCDのiPhoneはiPhone Xよりわずかに厚くなりますが、iPhone X Plusより小さくなります。

下の画像では、左端にLCDのiPhoneが見えます。

ここでは、デバイスが他のiPhoneモデルよりもわずかに大きなベゼルを持つように見えます。

Appleの意図としては、LCDモデルがユーザーにiPhone Xのデザインを体験させる良い方法であると考えており、かつ、iPhone Xより低コストで製造できるため、費用を節約することができます。

LCDのiPhoneは他のiPhoneモデルと同じガラスバックを搭載している可能性が高いですが、現時点ではワイヤレス充電をサポートしているかどうかは不明です。

さらに、現在のiPhone Xと今後のiPhone X Plusはステンレススチールのフレームを発表するのに対して、LCD iPhoneはアルミニウムのフレームを採用しているとされます。

デザインに若干の相違がありますが、6.1インチのiPhoneと他のモデルの大きな違いがディスプレイになると予想されます。

新しいiPhone XとiPhone X PlusにはOLEDディスプレイが搭載されていますが、6.1インチモデルにはLCDディスプレイが搭載される予定です。

信頼できるアナリストMing-Chi Kuoによると、6.1型モデルは6.1インチのTFT-LCDディスプレイを搭載しています。

これはiPhone 8とiPhone 8 Plusで使用されているのと同じ