注目の記事 PICK UP!

Watch OS 5では、 ‘Hey Siri’が不要になる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Watch OS 5 ベータ版で確認された新機能「Raise To Speak」

‘Raise To Speak’ Siriは、WatchOS 5アップデートに含まれている新しいApple Watch機能で、「Hey Siri」とかボタンを押さなくてもボイスアシスタントを有効にすることができます。

Raise to Speakは、6月上旬にWWDCで最初に発表されました。

watchOS 5 beta 1およびbeta 2が初めてリリースされたときには、まだ機能が動作していないように見えました。

しかし、テスターにより精度が向上しています。

新機能「Raise To Speak」を試してみる!

Raise to Speakを有効にして試してみる方法は次のとおりです。

まず、iOS 12ベータ版をiPhoneにインストールし、watchOS 5ベータ版をApple Watchにインストールする必要があります。

watchOS 5はApple Watch Series 1以上で動作します。

第1世代Apple Watchはサポートされていません。

iOS 12には無料のパブリックベータプログラムがありますが、watchOS 5ベータ版には有料の開発者会員が必要です。

一般に、ダウングレードパスがないため、watchOSのベータ版も一般的に危険です。

watchOS 5ベータ版を使用している場合は、「設定」→「一般」→「Siri」に移動し、「Raise To Speak」が有効になっていることを確認して、新しい機能が有効になっていることを確認しましょう。

この機能はベータ版ではまだ開発途中にあります、一部のユーザーはそれがオンになっていてもまだ使用できないことがあります。

もしなかなか認識してくれない場合でも、日々精度が向上していますので数日おきにテストすることをお勧めします。

この機能が提供されると、Siriと話すためにRaise to Siriを使用するのは、とても簡単です。

時間を確認するようにしてから、Apple Watchに向かって手首を上げるだけで、ディスプレイがオンになったときに話してください。

Siriがアクティブになり、あなたの言うことを聞きます。

(設定→一般→目覚まし画面で「Wake Screen on Wrist Raise」を有効にする必要があります。)

アイデアは、Siriとの会話は、クラウンを操作したり、コマンドの前に ‘Hey Siri’と言うことを要求しないことによって、はるかに速く自然になります。

watchOS 5は特定の動作を探し、利用者の意図に合致する操作を行います。

あなたは単に手首を上げて「ベンジャミンに私は数分遅れていると言ってください」と言って、シリがあなたにメッセージを送ります。

もう1つの利点は、オプションで、 ‘Raise To Speak’ Siriとは別のトグルである ‘Hey Siri’を無効にすることです。 Apple WatchがHomePod向けの「Hey Siri」コマンドに応答したことがあるなら、「Hey Siri」の代わりにApple Watchの「Raise To Speak」に頼ることができますトリガーフレーズを実際に変更することなく対応が可能です。

特定の動作を検出すると、時計が点灯するたびにSiriが誤動作をするのを防ぎます。

たとえば、手首を回して時間を確認したり、画面をタップしてディスプレイをオンにしたときには聞きません。

Siriはあなたの手首を上げてからわずか数秒間だけ聞くように見えるので、数秒後に話すとSiriが機能されません。

今後に期待の「Raise To Speak」

watchOS 5は現在のところまだ初期のベータ版であり、機能が出荷前に微調整されている可能性があります。

Raise To Speakを有効にして、Siriが指示したとおりに動作すると、その経験はあなたを驚かせるでしょう。

それが期待どおりに動作しない場合は、コマンドに「Hey Siri」を追加するか、ボタンを使用してコマンドを再試行してください。

より大きなリスクは、意図したときに動作せず、誤って動作するSiriです。

テストの最後の数日間、私は様々な状況で複数のバグを経験しました。

ドライブスルーで注文するとき、Siriは連絡先リストの誰かを呼び出すコマンドとして解釈しました。

Apple Watch Series 3は、設定→一般→ SiriはVoice Feedbackセクションにあります。

オプションで「Always On」、サイレントモードでのコントロール、ヘッドフォンのみが選択できます。

うまくいけばSiriは夏の間調整され、時計OS 5が今秋後にリリースされたときにはうまく調整されていると予想されます。

そうであれば、Apple WatchはiPhoneとiPad、HomePodとApple TV、そしてMacに独特の利点をもたらします。

Source:9to5Mac

関連記事

  1. iPhoneが勝手に再起動するバグとその対処法

  2. iOS12から新iPadには顔認証搭載か。

  3. iPhoneで特定の文字列を入力するとクラッシュする問題を解消

  4. Olixar、iPhone SE 2向け薄型のベゼルでノッチ対応の液晶保護ディスプレイ製造

  5. iPhone 8/8 Plus、Xの画面を非正規店で交換する際は注意が必要

  6. iOSに搭載された、USB制限モードを突破するデバイスが判明

  7. 新機種iPhoneXの通話に関するバグが発生

  8. スマホの寿命を延ばせば温暖化への影響を30%減らせる!?

  9. WWDC18で発表されるものの予想をBloombergが公開!

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. iOS 12に搭載の機能でオンラインバンキングでパ…
  2. iPhoneで特定の文字列を入力するとクラッシュす…
  3. 新型AppleWatchと新機能について
  4. 第三世代のバタフライキーボードにシリコンバリアを採…
  5. 2018年のMacBook Proは第三世代のバタ…
2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

人気記事