注目の記事 PICK UP!

iPhone、正規の交換ディスプレイでiPhoneがクラッシュする可能性

このエントリーをはてなブックマークに追加

非正規品だけでなく、正規の交換用ディスプレイでiPhoneがクラッシュする可能性

最新のiOSアップデートが非正式な交換画面の電話を壊す可能性があるというニュースに続いて、修理担当者は別のより難しい問題に直面しています。

純正のApple交換ディスプレイをiPhone 8、8 PlusまたはXで交換した場合、自動的に明るさを自動的に調整することができない問題が発生しています。

アップルまたはその認定パートナーの1人が、同じ電話機に異なるディスプレイと交換してみたところ問題ないようです。

アフターマーケット修理コミュニティは、米国からオーストラリアまでのiPhoneの動作を検証しました。

iOS 11.1、11.2、11.3を搭載したiPhoneで問題があることが確認され、昨年秋にiPhoneの最新バージョンが発売されて以来、問題が確認されています。

私は2つの全く新しいiPhoneのディスプレイを交換しても、周囲の光センサーが何らかの方法で変更されたり触れられたりしていなくても機能しなくなることを確認しました。

実験では、ブートプロセス中にセンサーがiOSによって無効にされていることが示されています。

これがバグか機能かどうかについていくつかの議論があります。

Appleはまず、iPhone 5SでTouch IDの起動とともにハードウェアとソフトウェアを結びつけました。

サードパーティの修理担当者は、破損した指紋センサーを作業ユニットに交換するとTouch IDが無効になることをすぐに発見しました。

これは、悪名高い「エラー53」の根本原因であり、復元時に有効な指紋センサーが無効にされてしまいます。

Appleは、エラー53を引き起こしたセキュリティテストは非正規修理店でしか確認されていないと主張し、復元プロセス中にテストを無効にすることでバグを修正したという。

iPhone Xは、Face IDを導入しました。

その結果、ディスプレイを交換するとFace IDが正常に機能しなくなる事を確認しました。

実際に修理を受けた人の中には、反響を恐れて匿名のままにするよう依頼した人もいます。

Appleは修理プロセス全体を見直し、iPhoneのテストの最初の暫定的なステップを変更したと考えられています。

Face IDになった事で不具合が増えた

AppleがTouch IDまたはFace IDセンサーを置き換えると、ホライゾンと呼ばれる機械が使用され、ホライゾンはiPhoneのすべての部分が互いに連携している事をそれぞれの部品に伝えます。

Appleは最近、世界中の4,800の認定サービスプロバイダの一部にこれらの機械(昨年は約400)を出荷し始めました。

これらの機械は、修理担当のサービスプロバイダ、アフターマーケットの修理店を合わせると、アップルが正式に承認したものを大幅に上回っています。

2つの同じ働きをするiPhoneのディスプレイを交換するだけで、一見無関係なセンサーが無効になるのはなぜでしょうか。

「私は5年後から正直言って5年間これを待っていた」とある修理担当者が語っています。

「それは私にとって恐ろしい未来だ」

彼らは、Appleが環境光センサーを「テストケースとして使用して、どのように動作しているかを見て、ハードウェアをロジックボードにリンクできるかどうかを確認し、Appleネットワークの外で修理すれば機能が失われる」と懸念を表明しています。

同じ情報筋によると、環境光センサーの問題は、「多くのリターンとトラブルの世界につながりかねない」と語ったが、Appleがそれに対処することを望んで、結局のところ、それはAppleにError 53を修正するよう促しています。

最近のiOS 11.3の問題は、Appleが非正規の修理業者の修理に対する公共の信頼を損なう試みであるとも考えています。

画面割れや破損が修理業者に見られる最も一般的な被害の1つであることを考えると、現在数万台の電話機が影響を受けている可能性があります。

100台を超えるディスプレイを交換したと語っています。

「Appleは安価な代替品を提供しようとしているが、純正品のみを使用している。私は顧客が私に戻ってきて、修正を要求するのではないかと心配している。」

別の情報源によれば、月間20〜50台のiPhone 8スクリーンを修理していると語っています。

「修理する権利」は重要な問題です。

ちょうど昨日、FTCは第三者が製品を修理するのを防ぐことについて会社に警告しています。

これとは別に、いくつかの州(最近カリフォルニア州)は、企業の顧客修理を容易にするよう強制する法律を導入しようとしています。

歴史的に、Appleは法案の改正に反対し、ネブラスカ州の議員に、ハッカーのための州を「メッカ」に変えるだろうと伝えています。

AppleがTouch IDとFace IDの機能を無効にするのは簡単な事です。

同様に、テストされていない第三者コンポーネントを無効にすることは、品質管理手段として提示することができます。

しかし、そのような部品を交換することから、顧客とアフターマーケットの修理業者をロックする必要がある理由を知るのは難しいです。

まとめ

iPhoneのディスプレイは、正規品でも非正規品でも不具合が出ています。

Appleの品質が下がってきているのか、Appleの技術力が高すぎて修理が困難なのかは不明です。

ですが、どちらにせよ消費者にとって不具合を早く解決してほしいと考えています。

Source:engadget

関連記事

  1. Core i9チップを搭載した15インチMacBook Proが熱問題で悪評

  2. Apple、9月までにAirPowerマットを発売予定

  3. Apple、iPhone、iPad、iPod touch用のiOS 11.4を公式にリリース

  4. 海外のメデイアでiPhone 9のレンダリング画像が公開される

  5. iOS12から新たなリーク情報!AirPod、デュアルSIMなど

  6. Apple、インドネシアでのiPhoneシェア減少

  7. スマホの寿命を延ばせば温暖化への影響を30%減らせる!?

  8. iOS 12、iPhone X Plusからのアクセスを多数確認。Appleのテストか。

  9. watchOS 5βから見つかった50の新機能

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. iPhoneのsafariでページ内のキーワードを…
  2. 新型MacBook、macOS最新リーク情報!
  3. 待ち合わせに便利!iPhoneで自分の居場所を相手…
  4. iPhoneの写真を複数の友達と共有したいときは「…
  5. 新型MacBook Proレビュー〜後編〜
2018年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

人気記事