注目の記事 PICK UP!

米調査機関、iPhone所有が富の特徴であるとの調査結果を公表

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneの所有が富の特徴

ビジネス・インサイダーが強調した国立経済研究所の新しい論文は、消費者行動とメディア消費に基づいた人口統計を推測することを目指しています。

研究によると、iPhoneは富の最も一般的なステータスのシンボルと結論づけています。

この論文は、シカゴ大学の経済学者Marianne BertrandとEmir Kamenicaが執筆を担当しました。

我々は、所得、教育、性別、人種、政治的イデオロギーによって定義されるアメリカのグループ間の文化的距離の時間的傾向を分析する。

私たちは、(i)メディア消費、(ii)消費者行動、(iii)時間利用、(iv)社会的態度に基づいて、個人のグループを推論する能力として、2つのグループ間の文化的距離を測定する。

彼らの研究では、BertrandとKamenicaは、個々のブランドがiPhoneを所有していることを「高収入」と予測するものではないことを発見しました。

2016年にApple iPhoneを所有していることから、私たちのデータのすべての年にわたり、個々のブランドは高収入を予測するものではありません。

同紙は、iPhoneを所有していることから、所有者がいわゆる「高収入」であることを正しく推論する機会が69.1%になると説明しています。

研究者は、高所得層は、「そのタイプの世帯の所得の上位4分の1」だと語っています。

iPadを所有していることも、調査によれば富の指標になる可能性はあるが、66.9%とわずかに低い数字となっています。

Androidの携帯電話を所有することで、富の状況を正しく予測する可能性が59.5%となっています。

「2016年に誰かがiPadを所有しているかどうかを知ることで、その人が67%の所得が高いかまたは低いかどうかを推測することができます。」

調査によると、Android搭載携帯電話を所有している人は、収入を如実に表していることが調査により判明しています。

iPhoneとAndroidの価格差について

iPhoneとAndroidの価格差は、およそ5倍近くになります。

例を挙げれば、iPhone 8は¥78,800となっています。

対してAndroidは安いもので、¥20,000円前後です。

趣味嗜好もあるかと思われますが、この価格帯を鑑みて、スマートフォンに投資する金額を抑えたい人であればAndroidを選ぶでしょう。

日本では、スマートフォンの8割がiPhoneユーザーと、日本の所得が高いことが伺えます。

対して、日本以外のアジア圏を見ると、Androidの普及率が高い傾向にあります。

こうした背景から、iPhoneを高級品として見る傾向があるのは事実です。

iPhoneは故障した場合修理代金も高額になる傾向があります。

ディスプレイの故障でも、正規の修理代理店で修理依頼をすると、以下のような感じになります。

iPhone X 31,800円
iPhone 8 Plus 19,800円
iPhone 8 17,800円

Android端末であれば、修理料金でもう一台買えてしまう値段です。

本体代金が高額なだけでなく、維持費も高額となると購入をさし控えるのも頷けます。

ほとんどのAndroid端末がウイルスに感染している?

Androidのアプリの中には、端末の機能を不正に利用しているアプリが混入している可能性があります。

例えば、カメラ、GPS、不正な通信を行うなどです。

Androidは無料のアプリケーションがGoogle Play Storeを介さずにインストールすることが可能です。

こうした無料のアプリケーションの多くには、ウイルスに感染しているものが多く、知らず知らずのうちにウイルスをインストールしてしまっています。

また、Google Play Storeの中にも、ウイルスに感染しているアプリケーションや、セキュリティ的に脆弱性を抱えているアプリケーションも多数存在しています。

こうしたウイルスに感染することで、個人情報やクレジットカード情報などを不正に利用されてしまう可能性があります。

また、日本ではあまり浸透してませんが、海外では電子通貨が主流になってきています。

スマートフォンをハッキングすることにより、電子通貨を不正に利用されてしまう可能性があります。

ですが、不正に利用されてしまう可能性を知りながら、iPhoneを購入する資金的な余裕はないのが実情です。

対して、iPhoneはセキュリティが堅牢で、App Storeで公開されているアプリケーションは、Appleの品質認定基準を満たしたアプリケーションが公開されているため、ウイルスに感染しているリスクは低いです。

こうした品質を維持するための金額は、iPhoneの購入代金という形で含まれています。

高級品としてのiPhoneと見るか、安心材利用としてのiPhoneと見るかは、人それぞれでしょう。

 

 

Source:9to5Mac

関連記事

  1. Apple、ワシントンの拠点にエンジニアを収集か。

  2. iOS、Androidアプリ、バックグラウンドから情報漏洩

  3. Apple、MacBook Pro 2017 Touch Bar非搭載モデルの交換プログラム開始

  4. iPhone、正規の交換ディスプレイでiPhoneがクラッシュする可能性

  5. iPhone 8/8 Plus、Xの画面を非正規店で交換する際は注意が必要

  6. iPhone8の機能が明らかに!?2種類のプロトタイプが完成してるとの噂が…。

  7. Watch OS 5では、 ‘Hey Siri’が不要になる!

  8. iPhoneユーザーが待ち受ける交差点。Appleが作る新しいデバイスとは。

  9. iPhoneで特定の文字列を入力するとクラッシュする問題を解消

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. iOS 12に搭載の機能でオンラインバンキングでパ…
  2. iPhoneで特定の文字列を入力するとクラッシュす…
  3. 新型AppleWatchと新機能について
  4. 第三世代のバタフライキーボードにシリコンバリアを採…
  5. 2018年のMacBook Proは第三世代のバタ…
2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

人気記事