注目の記事 PICK UP!

6.1インチのiPhoneの新しいコンセプトアートを公開

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年新型iPhoneの新しいコンセプトアートが公開

Appleが6.1インチのiPhoneをが今秋に発売を計画していることは間違いないでしょう。

新しいコンセプトアートが公開されました。

2018年の秋、Appleは3つの異なるiPhoneを発表することになります。

5.8インチ(現在のiPhone Xに似ています)のバージョン、6.1インチのスクリーンとさらに6.5インチのモデルです。

すべては、スクリーンの上部に今よく知られているノッチが装備されています。

最大のものは現在、iPhone X Plusと呼ばれており、現在のiPhone Xとその後継機種のように、OLEDスクリーンが付いています。

6.1インチのスクリーンが装備されていて、残りの部分とは異なり、LCDスクリーンモデルとなります。

この最新モデルとiPhone Xの最新バージョンを比較してみましょう。

2018 iPhoneの大型ディスプレイを除いて、2つは同じように見えます。

次世代携帯電話が登場すると、JonasDähnertによって作成されたこの画像には反映されていないいくつかの違いが生じる可能性があります。

特に注目すべきは、iPhone XにはOLEDスクリーンが搭載されていますが、6.1型モデルには従来のLCDが搭載されると予想されています。

この違いは見た目ではあまりわかりませんが、OLEDディスプレイのすべてのピクセルが輝きますので、バックライトは必要ありません。

これにより、屋外、特に明るい環境ではLCDよりも見栄えが良くなります。

2018年のOLED iPhoneには他にも利点があります。

このiPhoneのリリースは、秋頃を予定しており、アジアの部品を供給するメーカーは設計上の詳細な仕様を持っています。

それらから作成されたモックアップは、LCDバージョンが他の2018 iPhoneモデルよりも広い画面ベゼルを持つことを示しています。

名称は「iPhone 9」?

昨年は、iPhone 8とiPhone Xのデビューを見て、数字を飛ばすと予想しています。

Dähnertは、このLCDベースのスマートフォンがiPhone 9と呼ばれると考えている人々の一人です。

Appleは「ホーム」ボタンを廃止しており、今年のすべてのiOS端末でフェイスIDが代わりに使用されるという多数の報告があります。

前述のリーク仕様は、このデバイスが5.9 x 3.0 x 0.3インチ(150.9 x 75.7 x 8.5 mm)であるとリークされています。

6.1インチの大型iPhone 2018の違いは、材料の選択にもあります。

例えば、フレームはステンレス鋼で作られておらず、アルミニウム製です。

それはAppleにとっては安価で簡単です。

ガラスバックにもかかわらず、モデルがワイヤレスで充電できるかどうかはまだ分かりません。

これは、iPhone XがリリースされたApple AirPower充電マットと一緒に導入されたこととまったく同じです。

2018年は、アップルがデザインに関してすべてのモデルで同じデザインを採用する年です。

iPhone XのTouch IDボタンをなくしたため、自動的にすべてのモデルに顔IDの顔認識が装備されていることを意味します。

また、6.1インチのiPhoneはiPhone Xに搭載されているデュアルカメラレンズを搭載されていないと予想されています。

LCDと単眼カメラを使用することはコスト削減策です。

6.1インチiPhone 2018に1台のカメラが装備されているということは、iPhone XとiPhone 8 Plusのようなズーム機能がないことを意味します。

背景がぼやけているところでポートレートモードが欠落することもあります。

Appleは第2のカメラを使用して、シャープネス/深度を追加します。

3つのモデルはすべて、おそらくA12プロセッサによって駆動されます。

以前のiPhoneと比較して、速度が10%向上しています。

これは、TSMC社製で7ナノメートルに基づいてAppleによって設計された16進プロセッサーと言われています。

iPhone 9の気になる値段は?

尊敬されるアナリスト、Ming-Chi Kuo氏は、iPhone 9の価格が600〜700ドル程度になると予測しています。

iPhone 9は、9月に発表され、リリースされると噂されています。

次の秋の予定には新しいiPhoneが登場するでしょう。

秋の基調講演では、新型iPhoneが発表されると予想されています。

アップルは通常、特別な基調講演の中で9月にiPhoneのラインナップを発表します。

招待状が送られてきますが、通常は約2週間前に発生します。

8月末のどこかで招待状が来ると予想されます。

Sources:cultofmac via nieuwemobiel

関連記事

  1. 2018年のMacBook Proは第三世代のバタフライキーボードが採用される見込み

  2. 正規店修理、非正規店修理、iPhone修理はどちらでもOK!?アップルの方針が変更に!

  3. iOS 12の速度をiPhone 6とiPad Mini 2でテストしてみた結果

  4. スマホの寿命を延ばせば温暖化への影響を30%減らせる!?

  5. メッセージアプリで特定リンクを受信することで起こる不具合

  6. iOS 11.4でバッテリーの減りが早くなった!原因はWi-Fiか

  7. iPhoneのバッテリーが急に減少するバグの解決法

  8. 画面がフリーズした!iPhoneのバグ時に試したい3つの解決策

  9. iPhoneユーザーが待ち受ける交差点。Appleが作る新しいデバイスとは。

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. iOS 12に搭載の機能でオンラインバンキングでパ…
  2. iPhoneで特定の文字列を入力するとクラッシュす…
  3. 新型AppleWatchと新機能について
  4. 第三世代のバタフライキーボードにシリコンバリアを採…
  5. 2018年のMacBook Proは第三世代のバタ…
2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

人気記事