注目の記事 PICK UP!

2018年のiPhoneはベゼルが薄くなる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年のiPhoneはベゼルがより薄くなるかも!

サプライチェーンからのリーク情報によれば、2018年に発売される、LCDのiPhoneがベゼルがより薄くなるとのことです。

2018年に発売が予定されている、3つのiPhoneのすべては、最も安いものがLCDスクリーンを持っているにもかかわらず、iPhone Xのほぼベゼルのないデザインを持つことが期待されています。

OLEDパネルの代わりにLCD画面を使用すると、どの程度スリム化されるのかははっきりしていませんが、サプライチェーンからのリーク情報に答えがあるかもしれません。

Digitimesは、日本の会社Nichiaが6.1インチLCD iPhone用のバックライトシステムの唯一のサプライヤとしての地位を獲得したことを報告しています。

その理由は、新世代技術のリードであると考えられています。

現行のLEDチップを使用したバックライト付きのLTPS-LCDスマートフォン画面は、4.0〜4.5mmの底面ベゼルを使用していますが、最新のLEDチップを使用すると2.0〜2.5mmに削減できるため、LCDスクリーンは従来よりも薄いベゼルを採用できることをソースは説明しています。

LTPS-LCDスマートフォンパネルのサイドビューバックライト用の0.3t LEDチップのパッケージングは​​、0.4t LEDチップよりも正確さと安定性がより難しいとNichia氏は付け加えて、高性能用0.3t LEDチップの試作を開始した2018年上半期に中国および日本を拠点とするベンダーによって開発されたスマートフォンモデルを発表しました。

他の技術に必要なスペースを考えれば、LCDモデルの方がOLEDよりもわずかに厚いベゼルになる可能性は高いですが、その差はかなり小さいはずです。 Ben Geskin氏は最近、流出した回路図(上記)に基づいていると言われているレンダリングを掲載しました。

同報告書によると、Nichiaはこのチップを他のブランドに供給しているが、Appleは残りの年の間、その供給源にほぼ排他的に行う予定です。

複数の企業が同じディスプレイ技術を提供する準備ができているか、ほぼ準備が整っているため、Appleは来年中にサプライヤを選択する可能性が高いと見られています。

台湾を拠点とするEpistar社と中国のSanan Optoelectronics社は0.3tのLEDチップを生産する予定で、台湾のLEDパッケージングサービスプロバイダーであるEverlight ElectronicsとUnity Opto Technology、中国の仲間メーカーFoshan Nationstar OptoelectronicsとShenzhen Refound Optoelectronics同社によれば、サイドビューバックライト用に0.3tのLEDチップをパッケージングしているようです。

Appleはこの秋、3つの新しいiPhoneを発売する予定

  • iPhone Xと似たデザインだが、6.1インチのスクリーンを低価格で提供するLCDモデル
  • 5.8インチOLED iPhone Xのアップグレードバージョン
  • 6.5インチOLEDモデル「iPhone X Plus」

Appleのアナリスト、Ming-Chi Kuo氏によると、今年の9月には、iPhone Xの発売前に、 OLEDのiPhoneのスケジュールを1年前倒して、2018年のすべてのモデルは、Face ID、ノッチを搭載した「全画面」の設計上の考慮事項から、そのようなパネルを装備すると言われています。

しかし、アップル社は昨年、小型の5.28インチiPhoneの計画を廃止し、6.1インチのLCDモデルに置き換えました。

それは人々が周囲のフレーム幅を最小限にして大きなディスプレイがニーズがあると考えられるからです。

それでも、この6インチのiPhone 2018は、今年のFace ID体験のゲートウェイモデルとして、最終的な5.8インチ iPhone Xよりも安い700ドルの価格で販売されると予想されています。

また、6.46インチ X Plusは、OLEDディスプレイが付いていると言われています。

これまでのところ、AppleはJDIのセミフレキシブルなFull Active LCDディスプレイパネルを2018年のiPhoneのノッチに取り入れると言われていますが、ベゼル幅の問題は残っています。

液晶ディスプレイに必要な余分なバックライト層は、OLEDに比べてベースがいくらか厚くならずに必要です。

アップルの6インチ用LCDバックライトサプライヤに選ばれたのは日本のニチアです。

バックライト用に0.4tから0.3tのLEDに移行し、現行のLCDフォンで可能な4〜4.5mmではなく、2-2.5mmの領域でベゼルを確保しました。

ニチアの生産は、2018年のiPhoneが公開される9月にアップル社によってほぼ量産されていると伝えられている。

Appleは通常、ディスプレイサプライヤと協力して、サイズ、解像度、色の忠実度を独自の仕様に合わせて調整します。

このように、JDIが出荷を開始するまでに残った唯一の特徴は、柔軟性、耐久性、最小ベゼル、そして従来のLCDよりもセル内タッチや深い黒レベルなどの技術を含むPixelEyes可能だと伝えられています。

まとめ

どうやら、2018年に発売されるLCD iPhoneはベゼルが薄くなり、さらに本体も薄くなるようです。

こうなると、OLED iPhoneかLCD iPhoneか購入を迷う人も出てくるのではないでしょうか。

どちらにせよ、新製品の発表が気になりますね。

Source:9to5Mac

関連記事

  1. iOS 12でユーザー目線で追加してほしい機能

  2. Apple Watch Serise 4はウェアラブル端末のメインストリームになるかも

  3. AirPowerの値段は149ドル?リーク情報まとめ!

  4. 2019年新型iPhoneにはUSB-C搭載か

  5. Apple、摂食障害調査に1,000のApple Watchを寄付

  6. AppleのデザインチーフのJony Ive、iPad Proのデザインを語る

  7. ローソン、スマホでのセルフ決済の実験を開始

  8. iPhone、正規の交換ディスプレイでiPhoneがクラッシュする可能性

  9. 9月12日、新製品発表か。Apple Watch Series 4、iPhone XSモデルの製品画…

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. アップル、新しいMacBook Airのバッテリー…
  2. Safariの閲覧中にQRコードを読み取ることので…
  3. 2018年新型iPad Proを実際に使ってみた感…
  4. WEBページをPDFにてファイル保存する時の裏技
  5. 2018年新型iPad Pro 12.9インチハン…
2018年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

人気記事