注目の記事 PICK UP!

第三世代のバタフライキーボードにシリコンバリアを採用

このエントリーをはてなブックマークに追加

iFixit、2018年のMacBook Proキーにダストによる誤動作を防ぐためのシリコンバリアを提案

第3世代のバタフライキーボードを使用する新しい2018 MacBook Proのキーは、iFixitで進行中のティアダウンによれば、「薄いシリコンの障壁」を搭載することで、細かな埃の侵入を防ぐ工夫が施されているとのことです。

iFixitによると、アップル社が2018年に発表した静かなタイピングは、新型シリコン膜の効果であり、実際にバタフライキーボードが露出したときに押しつぶされないようにするための「進入防止対策」だと考えています。

その主張を裏付けるために、iFixitは、第3世代バタフライキーボードでAppleが使用している可能性のある技術の特許を指摘しています。

このキーボードは、直接的な汚染物質を移動機構から遠ざける「ガード構造」を表しています。

しかし、iFixitは、シリコ