注目の記事 PICK UP!

iFixit、2018年MacBook Proの第三世代バタフライキーボードのテストを行う

このエントリーをはてなブックマークに追加

iFixit、2018年MacBook Proの第三世代バタフライキーボードのテスト

先週、iFixitは新しい2018 MacBook Proモデルのリリース後、13インチバージョンを解体しました。

Apple社の内部文書にあるキーボードのキーの下に新しいシリコン膜があることを確認し、ほこりやその他の小さな粒子がキーの故障を引き起こすのを防ぐのかテストを行いました。

新しい2018年MacBook Proに含まれる新しい第3世代のバタフライキーボードとシリコンバリアがどのように機能するかをよりよく理解するために、iFixitはキーボードに小さな微粒子を撒いてテストしました。

iFixitはキーボードを輝く塗料添加物にさらし、どこでどのように埃が蓄積するのかを追跡しました。

2018 MacBook Proキーボードでは、膜の端に埃が落ち着き、キーのバタフライ機構が保護されたままになりました。

同じテストが2017 MacBook Proキーボードで実行され、保護が少ないことが実証されました。

塵は膜の端で安全に隔離され、第3世代のバタフライキーボードの機構はかなり保護されたままであるとしています。

膜の穴はキーキャップクリップを通過させるが、キャップ自体によって覆われ、塵の侵入を阻止します。

前世代のバタフライキーは保護されず、直ちに輝く顆粒で溢れています。

多くのほこりと積極的なタイピングが組み合わされて、膜の覆われたキークリップに埃が浸透し、スイッチの上部に当たって、故障の可能性はまだ低いことが示唆されました。

iFixitは実際に、砂の「少数の粒子が配置されていない」ものを追加することによって、キーボードの故障を引き起こす可能性がありました。

iFixitが指摘しているように障壁がどのようにして保持されるかを知る方法はありませんが、シリコーン膜は有効に機能しているように見えます。

それは以前のバージョンのバタフライキーボードよりもなお保護されています。

ダストテスト後にさらに分解を行う

ダストテストの後、iFixitは、新しいキーボードのより広範な分解を行い、レイヤーごとにそれぞれ分解しました。

iFixitは、新しいキーボードを取り付ける際にAppleがトップケース全体を交換しなければならない理由を説明する厄介な経験の後に、シリコーンバリアが単一のダイカットおよび成