注目の記事 PICK UP!

iFixit、2018年MacBook Proの第三世代バタフライキーボードのテストを行う

このエントリーをはてなブックマークに追加

iFixit、2018年MacBook Proの第三世代バタフライキーボードのテスト

先週、iFixitは新しい2018 MacBook Proモデルのリリース後、13インチバージョンを解体しました。

Apple社の内部文書にあるキーボードのキーの下に新しいシリコン膜があることを確認し、ほこりやその他の小さな粒子がキーの故障を引き起こすのを防ぐのかテストを行いました。

新しい2018年MacBook Proに含まれる新しい第3世代のバタフライキーボードとシリコンバリアがどのように機能するかをよりよく理解するために、iFixitはキーボードに小さな微粒子を撒いてテストしました。

iFixitはキーボードを輝く塗料添加物にさらし、どこでどのように埃が蓄積するのかを追跡しました。

2018 MacBook Proキーボードでは、膜の端に埃が落ち着き、キーのバタフライ機構が保護されたままになりました。

同じテストが2017 MacBook Proキーボードで実行され、保護が少ないことが実証されました。

塵は膜の端で安全に隔離され、第3世代のバタフライキーボードの機構はかなり保護されたままであるとしています。

膜の穴はキーキャップクリップを通過させるが、キャップ自体によって覆われ、塵の侵入を阻止します。

前世代のバタフライキーは保護されず、直ちに輝く顆粒で溢れています。

多くのほこりと積極的なタイピングが組み合わされて、膜の覆われたキークリップに埃が浸透し、スイッチの上部に当たって、故障の可能性はまだ低いことが示唆されました。

iFixitは実際に、砂の「少数の粒子が配置されていない」ものを追加することによって、キーボードの故障を引き起こす可能性がありました。

iFixitが指摘しているように障壁がどのようにして保持されるかを知る方法はありませんが、シリコーン膜は有効に機能しているように見えます。

それは以前のバージョンのバタフライキーボードよりもなお保護されています。

ダストテスト後にさらに分解を行う

ダストテストの後、iFixitは、新しいキーボードのより広範な分解を行い、レイヤーごとにそれぞれ分解しました。

iFixitは、新しいキーボードを取り付ける際にAppleがトップケース全体を交換しなければならない理由を説明する厄介な経験の後に、シリコーンバリアが単一のダイカットおよび成形シートであることを発見しました。

キーボードのキーキャップもわずかに再設計されており、厚さ1.25mmで、2017 MacBook Proの1.5mmの厚さと比較しています。

iFixitは、キールームに膜を追加して移動することを推奨しています。

スペースバーは、バタフライ機構から容易に分離するキーキャップで再設計されました。

これは、スペースバーが取り外せなくなった以前のモデルからの改善点となります。

iFixitのテストでは、スペースバーを含めたキーはすべて削除しやすく、破損しにくいものでした。

アップルは、新しい第3世代のバタフライキーボードが信頼性を高め、2016年と2017年のマシンで見られた主要な失敗を削減するために導入されたと思われます。

ですが、キーボードに対するマイナスのイメージが公表されることはなく、その代わりに、Appleは2018年のMacBook Proマーケティング資料で、新しいシリコーンバリアが追加され、静かなタイピング体験をもたらしたと主張しています。

まとめ

iFixitのテストによれば、第2世代以前のバタフライキーボードよりも誇りに対する耐性が強くなっていることがわかりました。

ですが、キーボードのデザインが変更されたのはごく一部で、全体が見直されたわけではありません。

キーボードのデザインが変更されていないということは、MacBook Proで見られているキーボードの問題が必然的に発生することになります。

キーボードの不具合が、誇りによる接触不良であれば問題ないのですが、そもそも原因が異なっている場合、シリコンバリアの有用性は定かではありません。

現在、Appleではキーボードの不具合に対して、無料で修理を受け付けています。

この無償修理が終わる前に、新しい世代のバタフライキーボードで不具合を解決できるかがポイントになるかと思われます。

キーボードの不具合は深刻で、この不具合を回避するために昔のMacBook Proを購入している人もいます。

新しい製品を作り続けるだけではなく、しっかりとした品質の製品を作って消費者が長く使えるような製品を発売してほしいと考えています。

長い目で見たときに、今のAppleの戦略では既存のユーザーが離脱し、新規のユーザーはMacの品質の悪さから他のパソコンへ乗り換える可能性もあります。

一つ一つしっかりとした製品を作ってほしいとユーザーは思っています。

Sourcd:MacRumors

関連記事

  1. Apple Watch Series 4は薄型ベゼル搭載の可能性が高い!

  2. 新型AppleWatchと新機能について

  3. iOS12から新たなリーク情報!AirPod、デュアルSIMなど

  4. 2018年のiPhoneは699ドルから!OLEDモデルは512GBまで

  5. iOS 12の速度をiPhone 6とiPad Mini 2でテストしてみた結果

  6. WWDC18で発表されるものの予想をBloombergが公開!

  7. iPhone8は接続がUSB-Cに変更?ライトニング(Lightning)ケーブルが廃止になるかも!…

  8. Apple、9月までにAirPowerマットを発売予定

  9. Siriが人間が聞き取れない音で勝手に操作される

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2019年発売予定のiPhoneはTouchID搭…
  2. カメラのシャッター音を無音にしてどこでも撮影できる…
  3. iPhoneのセキュリティ対策情報
  4. カメラのグリッド機能を使ってプロが撮影したような写…
  5. Apple、ビッグデータを活用してApple Ma…
2018年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

人気記事