注目の記事 PICK UP!

Apple Watchの不具合改善方法まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Apple Watch不具合について

Apple Watchは市場で最も使いやすいスマートウォッチの1つかもしれませんが、アップルウォッチは必ずしも完璧というわけではありません。

Apple Watchのフォーラムから興味深い不具合を見つけました。

コメントを掘り下げ、問題、不具合、および日々の煩わしさについて意見を集めました。

これらは、最も一般的なApple Watchの問題の一部です。

あなたがApple Watchのバグで困っていたなら、Apple Watchの対策を実施しましょう。

回避策と修正を試みることでApple Watchがより快適になれば幸いです。

Apple WatchがLTEに接続しない

Apple WatchのLTEが繋がらない場合もしかすると携帯電話との接続に問題がある可能性があります。

Appleはこの問題を公然と認め、2017年9月のアップデートで修正案を提出すると述べています。

AppleはWatchOS 4.0.1のアップデートで問題を正式に解決し、Apple WatchでWi-Fiと携帯電話の間の接続に問題があると説明しました。

アップデートにより、Apple Watchは認証されていないWi-Fiネットワークに参加できなくなりました。

また、一部の人々のLTE接続性の問題を修正すると報告されましたが、他のものについては、更新後も問題は解決しませんでした。

 

解決策

Apple Watchソフトウェアをアップデートしてください。

iPhoneでApple Watchアプリを開き、[一般]> [ソフトウェアアップデート]に移動します。

セルラープランを再度設定することができます。

Apple Watchアプリを開き、[マイウォッチ]タブに移動し、[キャリア]の横にあるiをタップしてから[削除]をタップします。

新しい計画を追加して再起動してから、Apple Watchを再起動して、携帯電話プランを新たに追加することができます。

一部の人々は、この問題がAT&Tにあったと報