注目の記事 PICK UP!

Apple、2018年MacBook Proの修正パッチを公開

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年MacBook Proの本来の性能を引き出すパッチを公開

Appleが公開したパッチは、15インチのMacBook Proに負荷がかかっているときのクロック速度が低下する問題を修正しました。

Lee氏によれば、インテルの2.9GHz 6コアCore i9プロセッサーは、タッチバー付き2018年の15インチMacBook Proの最高300ドルのオプションとして、最大4.8GHzのターボブースト速度を備えていますが、このチップは本来の性能を発揮できていませんでした。

Dave Leeは、7月17日にYouTubeチャンネルに投稿されたビデオで、MacBook Proは、Adobe Premiere Proをトップクラスのを驚くほど低いクロック速度で動作するとしました。

Lee氏が実施したテストでは、プロセッサの平均クロック速度は2.2GHzで、公示されている2.9GHzよりもはるかに低いものでした。

Lee氏は、以下のように語っています。

「このMacBookのi9は基本クロック速度を維持することさえできません。 “ターボとそのすべてのことは忘れてしまって、2.9GHzの基本クロックを維持することさえできないというのは不合理だ。このCPUはロックされていて、クロックオーバー可能なチップだが、このCPUの能力はすべてこのシャーシ内で無駄になる。問題はは内部の排熱システムにあります。」

Apple、Leeと協力してパッチを開発

AppleはLeeと協力して問題を特定し、火曜日のパッチを公開しました。

Leeのテストは、Adobe Premiere上で行われました。

最初の一連のテストでは、別のベンチマークに移行しました。 Cinebench 15を使用して、i9 MacBook Proで合計10回テストしました。

「ベース」のi7搭載MacBook Proで同じテストを実施し、比較的類似した結果を得ました。

 

Intel Power Gadgetを使用して、平均2.3Ghzと2.6GHzのプロセッサ速度をほぼ正確に測定しました。

Appleのパッチ適用前の一連のテストは、週末にリリースされたインテルのPower Gadget CPU監視ツールの最新バージョンで監視されたときと同じままでした。

Geekbenchのテストは、テストの最初のラウンドのときとほぼ同じでしたが、それは期待されていました。

私たちは同じ条件下で、そして同じ周囲温度で、同じiBookプロセッサを搭載したMacBook Proで同じCinebenchテストを繰り返しました。

テストの最初の実行は953を記録し、10回の平均は945となりました。

クロック速度は高いままで、定格速度以下の非常に短時間の移動しかありませんでした。

Core i9モデルでは3.5GHzの速度が維持されていましたが、ほとんどの速度の変化はわずか3.1GHzにしかなりませんでした。

 

Final Cut Pro Xでエフェクトを適用した5分間の4Kプロジェクトのをレンダリングテストしてみました。

アップデート前の3分39秒でレンダリングされました。

Premiere Proは、同じプロジェクトのプレパッチレンダリング時間を24分から1秒に短縮し、21分と8秒に短縮しま