注目の記事 PICK UP!

いざというときに覚えておきたいiPhoneの緊急SOS

このエントリーをはてなブックマークに追加

緊急SOSはできることなら使わないでおきたいところですが、万が一の時に備えてiPhoneの緊急SOSで使える便利な裏技を覚えておくと安心です。誰もが知っている機能から、こんな機能もあったのかと驚くような裏技をご紹介します。

iPhoneの緊急SOS何個知っている?

(1)スリープボタンで緊急SOS
ios11では、スリープボタンを5回押すと緊急SOSが起動できるように設定されています。日本の場合は119番にすぐに連絡ができますが各国によって連絡先に多少の違いがありますので、海外に行く際は事前に確認しておいてくださいね。iPhoneの設定から緊急時の連絡先を設定することもできます。

(2)電源ボタン&音量ボタン
iPhone8やiPhoneXの場合は、iPhoneのサイドにある電源ボタンと音量ボタンを同時に長押しすると「スライドで電源オフ」と「緊急SOS」が表示されるようになっています。

また事前に「メディカルID」を設定」しておくと、緊急時に家族に連絡をする機能だけではなく、アレルギーや血液型などを提示することもできるので救護の参考にすることもでき、服用している薬の有無なども伝えてくれるので便利です。

いつ何が起こるかわからないからこそ、しっかりと備えておきたいものですね。

関連記事

  1. iPhoneの「手前に傾けてスリープ解除」とは?

  2. iPhoneで通話中声が小さいと言われるときの対処方法

  3. 友達とのWi-Fi共有がより便利になりました!

  4. iPhoneの4Kビデオで撮影しよう!

  5. iOS 10 iPhoneを虫メガネにする新機能の使い方

  6. iOS11になって変わったiPhoneの通知設定について

  7. iPhoneのサファリでページ移動する方法のおさらい

  8. iPhoneでの文字入力が苦手なら

  9. iPhoneで、文字を打ちのとき定型文を登録する方法

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. iPhoneのsafariでページ内のキーワードを…
  2. 新型MacBook、macOS最新リーク情報!
  3. 待ち合わせに便利!iPhoneで自分の居場所を相手…
  4. iPhoneの写真を複数の友達と共有したいときは「…
  5. 新型MacBook Proレビュー〜後編〜
2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

人気記事