注目の記事 PICK UP!

DSDS機能搭載型iPhoneは、中国でのみ販売?

このエントリーをはてなブックマークに追加

DSDS機能は、中国でのみ発売される可能性があります

噂によると、アップル社は2018年のiPhoneモデルで2つのSIMカードを一度に使用できるようにする、いくつかのデュアルSIMデュアルスタンバイ機能を導入する計画を立てているが、この機能はおそらく中国に限られているようです。

Foxconnの台湾のサイトであるEconomic Daily News(英語)の新しいレポートによると、Foxconnは、デュアルSIMデュアルスタンバイ機能が、6.1インチの低コストLCD iPhoneのバージョンで利用可能になることを示唆しているとしています。

Appleの3つの噂の2018 iPhoneのデザインの最新のリーク画像

Foxconn社の従業員は、Appleが次のiPhone向けに4つのユニークなモデル番号(801,802,803、および804)を作成していることを示唆し、余分な2つのSIMモデルを暗示している。

このサイトでは、801と802が5.8と6.5インチのiPhoneに対応し、後の2つの数字は別の6.1インチの液晶iPhoneに対応することが示唆されています。

エコノミックデイリーニュースによれば、アップルは、中国の人々が複数の携帯電話番号を持つのが一般的であるため、デュアルSIMデュアルスタンバイiPhoneを中国に導入する予定です。

3〜40億人の消費者がデュアルSIMカードを使用しており、中国の多くのスマートフォンはすでに複数のSIMカードをサポートしています。

中国市場で競争力を維持し、Androidデバイスから顧客を誘うためには、Appleもこの機能をサポートする必要があります。

AppleのアナリストであるMing​​-Chi Kuo氏は、Appleが2つの6.1インチiPhoneモデルを2018年に発売する予定であることを示唆しています。

1つはデュアルSIMデュアルスタンバイ、もう1つはシングルSIMです。

同氏は、AppleがデュアルSIMデュアルスタンバイモデルをより高価にするかもしれないと提案したが、それは中国に限定されるとは示しませんでした。

クオ氏は、デュアルSIMデュアルスタンバイ6.1インチiPhoneの価格を650〜750ドルに下げることができると考えている。

シングルSIMモデルを低価格、おそらく550〜650ドルで販売すると考えられています。

どちらのモデルも、3つのiPhoneのラインナップのために、5.8インチと6.5インチのサイズのより高価なOLEDモデルとともに販売されると予測されます。

投資家向けの過去のノートでは、6.5インチiPhoneにデュアルSIMデュアルスタンバイが搭載される可能性もあると述べたが、今日のEconomic Daily Newsのレポートにはその可能性について言及されていません。

中国のサプライチェーンからの別の噂では、2018年のiPhoneに内蔵のApple SIMと従来のSIMカードトレイが搭載されて