注目の記事 PICK UP!

DSDS機能搭載型iPhoneは、中国でのみ販売?

このエントリーをはてなブックマークに追加

DSDS機能は、中国でのみ発売される可能性があります

噂によると、アップル社は2018年のiPhoneモデルで2つのSIMカードを一度に使用できるようにする、いくつかのデュアルSIMデュアルスタンバイ機能を導入する計画を立てているが、この機能はおそらく中国に限られているようです。

Foxconnの台湾のサイトであるEconomic Daily News(英語)の新しいレポートによると、Foxconnは、デュアルSIMデュアルスタンバイ機能が、6.1インチの低コストLCD iPhoneのバージョンで利用可能になることを示唆しているとしています。

Appleの3つの噂の2018 iPhoneのデザインの最新のリーク画像

Foxconn社の従業員は、Appleが次のiPhone向けに4つのユニークなモデル番号(801,802,803、および804)を作成していることを示唆し、余分な2つのSIMモデルを暗示している。

このサイトでは、801と802が5.8と6.5インチのiPhoneに対応し、後の2つの数字は別の6.1インチの液晶iPhoneに対応することが示唆されています。

エコノミックデイリーニュースによれば、アップルは、中国の人々が複数の携帯電話番号を持つのが一般的であるため、デュアルSIMデュアルスタンバイiPhoneを中国に導入する予定です。

3〜40億人の消費者がデュアルSIMカードを使用しており、中国の多くのスマートフォンはすでに複数のSIMカードをサポートしています。

中国市場で競争力を維持し、Androidデバイスから顧客を誘うためには、Appleもこの機能をサポートする必要があります。

AppleのアナリストであるMing​​-Chi Kuo氏は、Appleが2つの6.1インチiPhoneモデルを2018年に発売する予定であることを示唆しています。

1つはデュアルSIMデュアルスタンバイ、もう1つはシングルSIMです。

同氏は、AppleがデュアルSIMデュアルスタンバイモデルをより高価にするかもしれないと提案したが、それは中国に限定されるとは示しませんでした。

クオ氏は、デュアルSIMデュアルスタンバイ6.1インチiPhoneの価格を650〜750ドルに下げることができると考えている。

シングルSIMモデルを低価格、おそらく550〜650ドルで販売すると考えられています。

どちらのモデルも、3つのiPhoneのラインナップのために、5.8インチと6.5インチのサイズのより高価なOLEDモデルとともに販売されると予測されます。

投資家向けの過去のノートでは、6.5インチiPhoneにデュアルSIMデュアルスタンバイが搭載される可能性もあると述べたが、今日のEconomic Daily Newsのレポートにはその可能性について言及されていません。

中国のサプライチェーンからの別の噂では、2018年のiPhoneに内蔵のApple SIMと従来のSIMカードトレイが搭載されていることが示されているため、この実装方法では中国語以外のデバイスでもデュアルSIMデュアルスタンバイが可能です。

Apple SIMは中国では使用できないため、中国には2つの物理SIMスロットを備えた別個のデバイスが必要です。

しかしこれが計画だとすれば、Appleが中国で物理的なデュアルSIMデュアルスタンバイ機能を備えた6.5インチのiPhoneを生産していない理由は明らかではありません。

過去の噂では、今後の2018年のiPhoneモデルでは、現行のデバイスよりも速いLTEスピードでIntelのXMM 7560モデムチップを使用することが示唆されています。

アップルがクアルコムのX20モデムを使用するかもしれないという噂もあったが、クアルコムは最近、アップル社が2018年のiPhoneラインナップでクアルコムのチップを使用しないと述べています。

Appleが2018年のiPhoneのSIMの状況に関する具体的な計画は、聞いたことのある異なる噂に基づいて、この時点では少しばかり暗いですが、新しいデバイスは、Appleが従来の9月のイベントにこだわるならば約6週間でデビューする予定です。

私たちは2018年にAppleがiPhonesのために何を持っているのかを知るために待つ時間がそれほど長くありません。

まとめ

デュアルSIM対応のiPhoneは需要のある中国でのみ発売になる可能性があります。

ですが、日本でもキャリアと格安SIMを併用することにより、通話定額制と、パケットの安い格安SIMモデルで毎月の料金を抑えることができます。

また、通信料金を抑えたいというニーズもあるかもしれません。

今の所、日本での発売予定はありませんが、需要があればもしかすれば日本でも発売される可能性があります。

Source:MacRumors

関連記事

  1. iPhone XRとiPhone XSを比較してみた

  2. Olixar、iPhone SE 2向け薄型のベゼルでノッチ対応の液晶保護ディスプレイ製造

  3. iPhoneSEの容量増版来月発表か?

  4. Apple、iPhoneおよび2017年MacBook Pro Touch Bar非搭載モデルのサー…

  5. 9月12日、新製品発表か。Apple Watch Series 4、iPhone XSモデルの製品画…

  6. 6.1インチLCD iPhoneリーク情報まとめ

  7. iPhoneが子供に与える影響が危険と話題

  8. iPhoneの速度低下問題でバッテリー交換が3200円で可能に

  9. Apple、今後もiPhoneで成長する見込み

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2019年新型iPhoneとAirPowerはどう…
  2. 2018年のApple Watchの未来
  3. iPhoneでメールを送信する時の著名は編集できる…
  4. iOS 13に搭載されてほしい機能!
  5. iPhoneの写真をもっと上手に撮るグリッドとは?…
2018年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

人気記事