注目の記事 PICK UP!

iPhoneのカレンダーちょっとした表記変更の裏技

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneの中に標準搭載されているカレンダー機能は、人によっても日々のスケジュールを入れて毎日のように使っている人もいれば、先の日付や曜日などの確認など、ちょっとした確認の際にしか使うことがない人もいます。iPhoneのカレンダー機能はとてもシンプルですが、ちょっとした表記変更などでもっと便利に使いこなすこともできます。

iPhoneのカレンダー機能の裏技

(1)祝日や天気を追加する

天気を追加するときはライブドアのアプリを使用して、Webcal方式を使えばカレンダーの照会→イベント表示にて、その日の天気予報をカレンダーに通知させることができます。また祝日は、アップルが公開している日本の祝日データをダウンロードすることで、カレンダーに設定できます。

(2)カレンダーを和暦表示
平成何年の表記に変更したいときは、設定→一般→言語と地域→歴法→和暦にチェックを入れると表記が変わりますので、確認してみてください。普段使う機会が少ないからこそ、「あれ?何年だっけ?」なんてことになりますので、カレンダーを和暦表示にしておくと何かと便利です。

iPhoneのカレンダー機能は使いこなしてこそ楽しめるものです。いろいろ試してみてくださいね。

関連記事

  1. iPhoneの標準カレンダーに天気を同期する

  2. iPhoneのライブ壁紙機能使いこなせてる?

  3. iPhoneでメールを送信する時の著名は編集できるの知っていますか?

  4. iPhoneの写真の位置情報は使い分けが大切

  5. iPhone Xの「サイドボタン」の使いこなし方法について

  6. クレジットカードの代わりに使えるiTunes Passとは?

  7. iPhone-まるすうじ!

  8. ウィジットにもショートカットを追加してもっと便利に使いこなす裏技

  9. iPhoneにもキャプスロックがあった!大文字入力には便利です!

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2019年新型iPhoneとAirPowerはどう…
  2. 2018年のApple Watchの未来
  3. iPhoneでメールを送信する時の著名は編集できる…
  4. iOS 13に搭載されてほしい機能!
  5. iPhoneの写真をもっと上手に撮るグリッドとは?…
2018年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

人気記事