注目の記事 PICK UP!

Apple、インドネシアでのiPhoneシェア減少

このエントリーをはてなブックマークに追加

インドネシアで遅れをとるiPhone

Bengaluruの忙しいMadiwala地区では、Poorvika Mobile WorldのショップにSamsungとXiaomiのポスターが貼られ、中国のOppoやVivoなどのブランドの安価な携帯電話で充実しています。

ゼロ金利支払いプランとキャッシュバックインセンティブがあるにもかかわらず、Appleは1ヶ月間店舗で販売されている1000台のスマートフォンのうち25台をiPhoneが占めています。

“買い物客の平均予算は約1万ルピー”と、およそ150ドルです。

Appleの最も安価なモデルであるiPhone SEは、その約2倍のコストがかかります。

$ 100のために、買い物客はより大きいバッテリー、より良いカメラ、およびより大きい記憶容量でXiaomi Redmi 5Aを得ることができます。

アップルの1兆ドルに達したにも関わらず、世界第2位のスマートフォン市場では11位になっています。

Counterview Researchによれば、同社はインドの電話販売の1%を占め、2018年上半期には100万台未満の電話機を販売しました。

一方、Xiaomiは1900万台以上を販売しています。

2年前、インドへの一週間の旅の間、アップルのチーフエグゼクティブ・オフィサー、ティム・クックは、すべての従業員、政治家、そしてボリウッドのスターについて、その国が彼の計画の中心であることを知りました。

7月31日の電話で、彼はほとんど言及しませんでした。

しかし、Appleの従業員や元従業員によると、彼はAppleの失敗したインドの戦略を改革するために働いていると語っています。

昨年末、インドのオペレーションを監督するためシンガポールに赴任された評判の高いベテランのアップルのエグゼクティブであるミシェル・クーロン(Michel Coulomb)はニューデリーの南北にある技術拠点であるGurugramにあるアップルのセールス&マーケティング本部で、インド全土の上級従業員と3日間過ごしました。

彼と他の幹部は、売上目標の高いリテール取引の改善、インドでのアップルストアの設立、独立系小売業者との関係の見直し、より高度なアプリやその他のサービスの改善を重視したiPhone販売の再編成戦略を策定しました。

Loup Venturesの共同設立者であるGene Munsterは次のように述べています。「Appleはインドではほとんど進歩を見せていません。 Appleから3年遅れ、インドの大きな成長を強調していると思う」とAppleは語っています。

 

20%の輸入税を含む1,500ドルで、iPhone Xは多くの人々がスマートフォンを買う余裕がない国では苦戦を強いられています。

Counterpointによると、インドで購入された携帯電話の5%未満が450ドル以上で販売されているといいます。

より少ないiPhone 8でも約900ドルのコストがかかるので、Appleは古いモデル、つまりiPhone 6、6s、SEを販売してしまったったことが原因ではないかと見られています。

それは2014年から17年までうまくいきましたが、今年の売上は急激に減速しました。

その理由の1つは、より安価なハードウェアがスマートフォン標準によって古くから2年以上経過しているからです。

政府はAppleがインドに自社の小売店舗を開設するのが難しくなったため、iPhoneの価格は厳格な価格規制が当局の評判よりも信頼性が低いものとなっています。

Sangeetha Mobilesという510店舗のガジェットショップを運営しているSubhash Chandraは、インドの卸売業者やオンライン小売業者は、理由を知らずに毎日価格を上げたり下げたりして、買い物客が離れていってしまっています。

2つの大手小売チェーンは、iPhoneの売上高が1月の3分の1に落ちたと言います。

公式に価格を引き下げるのではなく、Appleは小売業者や銀行との間で、年間計画を熟知している人々によると、一定価格でiPhoneを提供するよう協議しています。

Appleはまた、アップルが一部の個々の店舗に4倍以上の販売目標、週40〜50台のiPhoneを求めているとしており、一貫してそれを打つことができない小売業者を削減する計画だとしています。

小売販売担当者は、デバイスをどのように使用するかを顧客に教えるための訓練を受け、アップルは店頭のブランディングや製品の展示を見直すつもりです。

エグゼクティブは、店舗との毎日の電話会議を行い、進捗状況を測定します。

Appleは来年、インドに店舗をオープンし、最終的にニューデリー、バンガロール(旧バンガロール)、ムンバイで3店舗を開設したいと考えています。

iPhoneはもともと高価なため、安価で性能のいいAndroidの方が使い勝手がいいという国もあります。

Source:Bloomberg

関連記事

  1. カメラが使えない!?iPhoneカメラのバグの対処法

  2. Olixar、iPhone SE 2向け薄型のベゼルでノッチ対応の液晶保護ディスプレイ製造

  3. 米調査機関、iPhone所有が富の特徴であるとの調査結果を公表

  4. WWDC18で発表されるものの予想をBloombergが公開!

  5. iPhoneで特定の文字列を入力するとクラッシュする問題を解消

  6. Pegatron、今年発売予定のARMベースのMacBookを製造開始

  7. iOS11.3に脆弱性。パスコードを迂回しiPhoneをハッキングに成功。

  8. DSDS機能搭載型iPhoneは、中国でのみ販売?

  9. Apple、iPhoneが勝手に盗聴されていないことを語る

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. iPhoneのsafariでページ内のキーワードを…
  2. 新型MacBook、macOS最新リーク情報!
  3. 待ち合わせに便利!iPhoneで自分の居場所を相手…
  4. iPhoneの写真を複数の友達と共有したいときは「…
  5. 新型MacBook Proレビュー〜後編〜
2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

人気記事