注目の記事 PICK UP!

Apple、macOSのMojave最新ベータ公開

このエントリーをはてなブックマークに追加

Apple、macOSのMojave最新ベータのリリース情報!

Appleは、Worldwide Developers ConferenceでMojaveを公開し、ベータテストを行ってきました。

WWDCから2ヶ月後、MacOSの今後のバージョンであるMojaveのベータ版を開発者に配布しました。

macOS Mojaveはソフトウェアアップデートの新しいインストール方法を紹介しています。

デベロッパーセンターの適切なプロファイルを使用して最初のベータ版をインストールした後、システム環境設定を開いて「ソフトウェアアップデート」アイコンを選択することで追加のベータ版をダウンロードできます。

AppleのmacOS Mojaveアップデートでは、システム全体のダークモードが導入されました。

Mojaveのユーザーは、軽いテーマやドック、メニューバー、アプリケーションなどの要素の色を変更する新しいダークテーマのいずれかを選択できます。

ダークモードには、1日を通して微妙に変化する壁紙であるDynamic Desktopsが付属しています。

追加の壁紙が第4および第5ベータに導入されました。

Finderはギャラリービュー、サイドバー、改良されたクイックルックオプション、クイックアクションで強化されているので、新しいデスクトップ組織システムであるStacksはすべてのデスクトップファイルをきちんと整理して保存しています。

マークアップツールと簡単な画面録画を可能にする新しい管理オプションを使用してスクリーンショットを編集できるようになりました。

新しい機能であるContinuityカメラは、iPhoneやiPadからMacに直接写真や文書スキャンをインポートできます。

iOSアプリケーションをMacに簡単に持ち込むためにAppleが進めている多年にわたるプロジェクトの一環として、Apple News、Stocks、Home、Voice Memosの各アプリケーションは、iOSからMacOSに移植されています。

強化されたセキュリティ機能

Appleは、あなたのデータはこれまで以上に安全です。

Appleはまた、Safariの新しいツールを使用してウェブサイトを追跡することを難しくしています。また、各Webサイトごとに安全で推測が難しいパスワードを作成して保存する方が簡単です。

AppleはmacOS Mojaveに完全に改良されたMac App Storeを追加しました。これにより、特集セクションやゲーム、クリエイティブアプリ、生産性アプリ、開発者向けアプリなどの特定のカテゴリを簡単に見つけ出すことができます。

macOS Mojaveは、開発者やパブリックベータテスト担当者が、公開予定の公開予定より前にバグやその他の問題を解決するために利用できます。

MacOSのために今日リリースされたWindows Migration Assistantのアップデート版であるTwitterで述べられているように、MojaveはMigration Assistant機能を使用しているときにWindowsを実行しているPCからMacに多くのデータを転送できるようにします。

Microsoft Outlookなどのアプリケーションから、文書、電子メール、連絡先、カレンダーデータを含むアカウントデータを転送できます。

この更新プログラムを適用する前に、Windows移行アシスタントはサードパーティのアプリケーションからデータをインポートできませんでした。

また、Homeアプリでは、以前から利用可能なホームの壁紙を削除しながら、新しい単色の背景オプションを導入しています。

アップデート2:Appleのパブリックベータテスターに​​も利用可能な新しいMacOS Mojaveがあります。

MacOS Mojaveは他のシステムとの連携が強化

MojaveはこれまでのmacOSよりもより強化された形のOSとなっています。

Windowsからの移行アシスタントはより強化され、簡単に移行することができるようになっています。

また、iPhoneとの連携も強化され資料の読み込みやデータファイルの連携などよりスムーズに行うことができるようになっています。

セキュリティも強化されており、Webブラウザなど安全に利用できる仕組みが取り入れられています。

こうしたアップデートから推測すると、より柔軟に他システムと連携を取ることができるようになりそうです。

今までのAppleであれば、他のシステムとの連携はなかなか難しかった面もあります。

ですが、今回のアップデートにより今までWindowsのユーザーだった人も簡単にMacを使うことができるようになります。

まだベータテストの段階ですが、今後も様々なアップデートが適用されると思われます。

Source:MacRumors

関連記事

  1. iOS 12のベータ6を開発者に提供開始

  2. Appleイベント直前!発表される製品予想(後編)

  3. iPhone8の本体サイズがリーク?製品情報と発売日について

  4. スマートフォンの落下テスト。iPhone Xは3位。

  5. 2018年iPad Proから見るiPadの軌跡

  6. Apple、MacBookおよびMacBook Proキーボード交換プログラムに関する追加情報

  7. iPhoneで特定の文字列を入力するとクラッシュする問題を解消

  8. Apple、CEOティム・クック氏中国訪問でスパイチップを否定

  9. 2019年発売予定のiPhoneはTouchID搭載しない可能性が高い

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2019年新型iPhoneとAirPowerはどう…
  2. 2018年のApple Watchの未来
  3. iPhoneでメールを送信する時の著名は編集できる…
  4. iOS 13に搭載されてほしい機能!
  5. iPhoneの写真をもっと上手に撮るグリッドとは?…
2018年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

人気記事