注目の記事 PICK UP!

Apple、iPhoneが勝手に盗聴されていないことを語る

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone盗聴問題にAppleは否定

今、iPhoneが会話を盗聴しているのではないかと話題になっています。

というのも、多くのユーザーが友人と会話を終えた後に、広告に話していた内容の広告が表示されていることがあるからです。

数年前、何か不思議なことが起きました。友人と私はバーに座っていました。ポケットに入れたiPhoneで、最近行った日本の旅行や戻ってきたいことについて話し合いました。まもなく、東京への安い帰り便について、Facebook上でポップアップ広告を受け取った。それはまあまあの偶然のように思えましたが、誰もが彼らのスマートフォンに関する話を聞いているようだとしています。

これを問題に受けた、米国議員はAppleに問い合わせを行ったそうです。

Appleは米国議員に、同社のデバイスがユーザーのプライバシーを侵害しているかどうかを法律家が尋ねた後、同社の同意なしにユーザーの声を聞かず、サードパーティのアプリも許可しないと述べています。

2018年8月1日、米国のニューヨークで歩く男が、Apple iPhoneを持っています。

代表者のグレッグ・ワールデン、マーシャ・ブラックバーン、グレッグ・ハーパー、ロバート・ラッタは、7月にアップルのチーフ・エグゼクティブであるティム・クックとアルファベットCEOのラリー・ページに、スマートフォンが「勝手に実行されることはない」と語っています。

基本的にiPhoneは、オーディオ・データをユーザーの会話「Okay Google」や「Hey Siri」などの「トリガー」フレーズを聞くためにスマートフォンを使用しています。

AppleはHouse Energy and Commerce Committeeの議長を務めるオレゴン州の共和党員であるWalden宛の手紙の中で、AppleはSiriの起動コマンドを聞いている間は音声を録音せず、Siriは話し言葉を共有していないと述べています。

Appleは、ユーザーが明示的にマイクのアクセスを承認する必要があり、アプリは彼らが聞いている明確な信号を表示する必要があると語っています。

議員が、第三者のアプリケーションがユーザの指示なしにアクセスでき、「トリガーなし」のデータにアクセスしたとの報告書を引用したこの文書では、4月の議会審問の後、CEOのMark Zuckerberg氏による証言を含むFacebook Incのプライバシープラクティスに至りました。

アルファベットは議員に返答したかどうかについての質問には答えませんでした。

アップル社は、ロイター通信の手紙を超えてコメントすることを拒否しています。

SNS他社も録音を否定

「時々、オーディオはサーバーのような他のアプリに戻ってきますが、そのトリガーが何であるかについての正式な理解はありません」とPeterは説明します。

「タイミングや場所に基づいていても、特定の機能を使用していても、確実にそのマイクのアクセス権を引き出し、それらを定期的に使用しています。

アプリケーションのすべての内部はこのデータを暗号化された形式で送信するため、正確なトリガを定義することは非常に困難です。

FacebookやInstagramのようなアプリには何千ものトリガーがあると説明しています。

新しいジーンズのペアを必要とすることについての友人との普通の会話は、それを活性化するのに十分であり得る。

しかし、ここでのキーワードは「可能」ですが、技術はありますが、Facebookなどの企業は会話を聞いていないとコメントしています。

実際に聞いているかはわからない

下院エネルギー・商業委員会の共和党大多数の広報担当者は、「両社は今まで協調してきた。委員会は、我々が次のステップを検討する際に、回答を検討し分析することを楽しみにしている」と語っています。

Appleは、App Storeからアプリを削除してプライバシー侵害ではなく、開発者を禁止していたかどうかについては言及しなかったと書いています。

また、プライバシーの理由からアプリが削除されたときに、ユーザーに通知するのは開発者次第だとしています。

アップルは、「アップルは、収集した顧客データをデベロッパーがどのように監視しているか監視することができないし、そのデータの転送を妨げたり、開発者が独自のプライバシーポリシーや現地法を遵守することはできない」 と語っています。

iPhoneメーカーのApp Storeは、過去10年間に開発者向けに1000億ドルの収入を得ています。

Appleはその手紙の中で議員に、そのガイドライン違反のために毎週10万人のうち約36,000のアプリを拒否したと語っています。

ですが、実際にアプリが盗聴しているかどうかについては定かではありません。

内側についているカメラが動作していないという保証もありません。

 

Source:reuters

関連記事

  1. Apple、9月までにAirPowerマットを発売予定

  2. iOSのSiriの回答率は78.5%、Google Assistantは85.5%

  3. 新型iPadリーク情報まとめ(2/4)

  4. iPad ProからみるUSB-Cの可能性

  5. Appleの2018年新MacBook Airと旧MacBook Airの比較してみた!

  6. アップル、eSIMサポートの拡大とiOS 12.1.1のリリース

  7. iPhoneの2要素認証を使用していない人が増えている

  8. iPhone iOS11.3について

  9. Mac App Store App「Adware Doctor」がユーザーの閲覧履歴を盗んでいたこと…

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2019年新型iPhoneとAirPowerはどう…
  2. 2018年のApple Watchの未来
  3. iPhoneでメールを送信する時の著名は編集できる…
  4. iOS 13に搭載されてほしい機能!
  5. iPhoneの写真をもっと上手に撮るグリッドとは?…
2018年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

人気記事