注目の記事 PICK UP!

Apple WatchのTime Travel機能のサポートがwatchOS5までになるかも?

このエントリーをはてなブックマークに追加

Apple Watchの「Time Travel」機能がwatchOSで消えるように設定されている

アップルウォッチの未使用機能のひとつ、タイムトラベルは、今秋にウォッチOS 5が登場すると去ります。

Time TravelはApple Watch実験的機能と言われており、これまで試験的に導入されてきた経緯があります。

Time Travelは、発売後のApple Watchへの最初の主要なソフトウェアアップグレードであるwatchOS 2アップデートの一環としてデビューしました。また、ナイトスタンドモード、シリ改善、新しいウォッチフェイス、サードパーティのアプリのサポートなどに対応してきました。

この新しい能力は、Digital Crownを時計回りまたは反時計回りに回転させることによって利用され、アップルウォッチの時間が適切な方向に移動します。ゲートからは、カレンダーや天気などのAppleのデフォルトアプリをサポートしていました。

これは、実際にアプリにジャンプすることなく、近い将来、予定や気象条件を確認する便利な方法でした。サードパーティのアプリも対応しており、開発者はこの機能を自分のアプリにも結びつけることができました。

Apple WatchのFaceの中には、美しいアニメーションでTime Travelをサポートしているものも