注目の記事 PICK UP!

新型iPhoneの出荷は8月下旬?Apple pencil、512GBのストレージ対応

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneの新しいOLED版は9月の量産の試験生産されています

Appleは、2018年発売予定の新型iPhoneのOLED版を8月下旬に出荷する予定と見られています。

2018年新型iPhoneのLCD版は10月に量産を開始する予定です。

Appleの新しいiPhoneの組み立てスケジュールは注目を集めています。

Hon Haiは8月の最後の週に出荷を開始する予定の新しいiPhoneの有機発光ダイオード(OLED)版である5.8インチと6.5インチの試作を開始したと見られており、リーク情報によると、6.5インチのiPhoneハードウェアアーキテクチャは、3Dセンシング、デュアルレンズ、ステンレススチールベゼル、コンポーネントベースのキャリアボード(SLP)設計は、iPhone Xに似ていると指摘されています。

Hon Haiは、iPhoneの2つの新しいOLEDバージョンの主要組立サプライヤーになると推定されており、90%以上の推定割合であり、さらに、新しいiPhoneの組み立て重量はLCDの約30%〜40%を担当していると見られています。

欧州の外資系法人のレポートによると、Hon Haiは9月に2枚のOLEDバージョンの量産を開始し、今後12ヶ月間にアセンブリ注文が95%に達すると予測しています。

iPhoneの量産