注目の記事 PICK UP!

iPhoneの電波状況を数値化するおもしろい裏技

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneの電波がどうも安定しない…。そんな時に簡単に電波の強弱を数値化できる便利な裏技があります。動画再生が遅い時など、アンテナは立っているのになんでだろう?と思うことも。建物の構造やその周辺に環境によっても電波は変わります。

iPhoneの電波を数値化する方法とは?

まずはやり方を説明します。
1. 電話のアプリを起動します
2. キーパッドから「*3001#12345#*」と入力します
3. そうすると、「フィールドテストページ」が表示されます。左上にあるアンテナが数値化されているはずですので、確認してみてください。
4. マイナスの値がゼロに近いほど電波が強く、安定している証拠です。キャリアによって多少の変動はありますが、docomoの場合-50~70であれば電波が良好ですが、-100以下になってきますと電波が弱く、動画などの再生がスムーズにできない場合があります。ベストは-70前後であれば比較的スムーズに使えるはずです。

隠しコマンド的なものになりますが、アンテナが立っているのに電波が悪い、なかなか動画が再生され