注目の記事 PICK UP!

2018年のiPhoneは20〜30%早くなる

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年のiPhoneは20〜30%早くなる

Macworldは、今年の主要なiPhoneモデルで期待されている改善点の中で処理速度の向上をあげました。

この分析は、A12チップに使用されている7nmプロセスに対するTSMCの主張に部分的に基づいており、一部は以前の処理速度と比較して20〜30%性能向上しているとみられています。

アップルはA12を製造するためにTSMCを採用しているので、この新しいプロセスがどれだけ優れているかのヒントについては、TSMC独自のガイダンスを参照することができます。

同社は今回の処理速度向上について、A11 Bionicが製造された10nmプロセスと比較した時に、7nmは「1.6倍のロジック密度、20%のスピード向上、40%の消費電力削減」を提供していると語っています。

言い換えれば、もしAppleが7nmプロセスで全く同じA11 Bionicチップを生産するならば、それは約40%小さくなり、同じスピードで40%少ないパワーを使うか、20%高いクロックスピードで走らせることができるということです。

これは、基盤の占有率を下げることができその開いた部分にさらなる機能を追加することができることを意味しています。

A12はもちろん複雑なチップになるという事実を無視しており、クロックスピードを大幅に上げることはできませんが、典型的な前年比改善は依然として印象的な数字を示唆しています。

同社はA11パフォーマンスの大きな飛躍を考慮する必要があると言います。

A11は、マルチスレッドのパフォーマンスの仕組みに大きなアーキテクチャ上の変更を加えました。

最初に、2つの大きなコアと4つの小さなコアを同時に動作させる新しい第2世代のパフォーマンスコントローラを発表しました。

それはマルチコアのパフォーマンスに大きな影響を与えました。

A12はより速いコアを持つかもしれませんし、それらを一度に使用する方がより効率的かもしれませんが、突然同時に以前より多くのものを突然使用できるという利点はありません。

したがって、マルチコアのパフォーマンスが約25〜30%向