注目の記事 PICK UP!

Apple Watchの特許出願、常時スクリーンオンに

このエントリーをはてなブックマークに追加

Apple Watchの特許出願により、常時オンスクリーンモードが適用されるかも

アップルウォッチに関連する特許出願は、スクリーンが常にオンであるモードに取り組んでいるかもしれないと推測しています。

これはかつてからユーザーの要求の多い機能でしたが、2つの課題があります。

一つ目は、明らかに電池の寿命が持たないということです。

Apple Watchは、モデルや使用パターンによっては、非常に長い1日から数日の間に快適に行えますが、これは比較的短時間の間画面がオンになっているためです。

つまり、時間を確認する時だけ画面がオンになるためバッテリーが一日持っています。

スマートウォッチの中には、比較的灰色のグレースケールモードに戻って、あなたが積極的に時計を使用していない時間を表示するものがあります。

Appleはすでに夜間に切り替わり、時計が低速になる低電力時間表示を備えています。

この機能により、1日はバッテリーを気にせず時計機能のみ使用することが可能になります。

ただ、時計表示機能のみとなるため本来のApple Watchの機能を使用することはできません。

2番目の課題は、OLEDスクリーンが焼き付きやすくなることであり、Appleの特許が取り組むべき問題です。

Appleが説明している方法は、画面の焼け付けを防止しません。

むしろ、画面の特定の領域の輝度と色を人為的に調整する方法について説明します。<