注目の記事 PICK UP!

Apple Watchの特許出願、常時スクリーンオンに

このエントリーをはてなブックマークに追加

Apple Watchの特許出願により、常時オンスクリーンモードが適用されるかも

アップルウォッチに関連する特許出願は、スクリーンが常にオンであるモードに取り組んでいるかもしれないと推測しています。

これはかつてからユーザーの要求の多い機能でしたが、2つの課題があります。

一つ目は、明らかに電池の寿命が持たないということです。

Apple Watchは、モデルや使用パターンによっては、非常に長い1日から数日の間に快適に行えますが、これは比較的短時間の間画面がオンになっているためです。

つまり、時間を確認する時だけ画面がオンになるためバッテリーが一日持っています。

スマートウォッチの中には、比較的灰色のグレースケールモードに戻って、あなたが積極的に時計を使用していない時間を表示するものがあります。

Appleはすでに夜間に切り替わり、時計が低速になる低電力時間表示を備えています。

この機能により、1日はバッテリーを気にせず時計機能のみ使用することが可能になります。

ただ、時計表示機能のみとなるため本来のApple Watchの機能を使用することはできません。

2番目の課題は、OLEDスクリーンが焼き付きやすくなることであり、Appleの特許が取り組むべき問題です。

Appleが説明している方法は、画面の焼け付けを防止しません。

むしろ、画面の特定の領域の輝度と色を人為的に調整する方法について説明します。

Appleが特許を求めている具体的なことは、これを達成するために必要な使用データを保存する効率的な方法です。

コンピューティングデバイスディスプレイに一般的に使用されている有機発光ダイオード(OLED)ディスプレイは、寿命にわたって不均一な方法で劣化し、望ましくない色/輝度アーチファクトにつながります。

この問題に対処するために、所与のOLEDディスプレイに関連する履歴使用情報を記録するバーンイン統計を使用して、OLEDディスプレイの動作を人為的に調整して、その動作全体にわたって視覚的均一性を実質的に回復させることができるます。

注目すべきことに、そのようなバーンイン統計は、OLEDディスプレイが含まれるコンピューティングデバイス内にかなりの量の記憶スペースを消費する高解像度のマルチチャネルイメージの形態を取ることができる。

明白な理由から、この消費は、一見不明の理由により利用可能な記憶スペースの全体的に予想される量が減少するため、ユーザに不満を与える可能性があります。

したがって、バーンイン統計をより効率的に格納することが望ましい。

これはAppleが何とかしたいことかもしれないものだが、一部のRedditors(Patently Appleのリンクを引用)は、Appleが常時接続モードで作業していることを示す可能性があると考えている。

解決策としては常にディスプレイモードを有効にする場合、時刻の表示位置を調整する必要があります。

長時間の通常の時計を着用した場合、人々が常時表示のために訴えている理由を理解できます。

やはり、腕を捻る動作をしなければ時計が表示されないというのは不便なものです。

最初から時計が表示されて入れば、腕を捻るという動作をする必要がないため便利になります。

それは大したことのようには思えないかもしれませんが、実際には、見下ろしていつも目に見える時間がある方がずっと便利です。

Redditのフォーラムでは、常時スクリーンオンの機能について議論を呼び起こしています。

Apple Watchで時刻を確認する時のみディスプレイが有効になれば、それで問題ないという人もいます。

それに、今年発売されるApple Watchは画面サイズが大きくなる予定です。

Apple Watch Series 4モデルは、ベゼルサイズの縮小により大きなディスプレイを搭載し、直近のwatchOS 5ベータ版で発見されました。

9to5Macの情報により、42mm Apple Watchの画面解像度は384×480になる可能性があります。

現在の42mm Apple Watch Series 3モデルは、比較のために312×390の解像度を備えています。

アップルウォッチシリーズ4の高解像度(およびPPIの増加)により、下記の画像例に示すように、修正されたApple Watch Simulatorから推測されたPPIを使用した場合のように、より高い解像度でより多くの情報をディスプレイに表示することができます。

解像度の向上を考えれば、サードパーティのアプリデベロッパーは、新しいApple Watch Series 4の画面サイズで動作するようにアプリを調整する必要があります。

画面が広くなるということはそれだけバッテリーの持ちが悪くなることを意味しています。

オンスクリーンにするためには課題が多いかもしれません。

Source:9to5mac

関連記事

  1. 9月12日、新製品発表か。Apple Watch Series 4、iPhone XSモデルの製品画…

  2. Apple、2018年MacBook Proの修正パッチを公開

  3. iPhone8の本体サイズがリーク?製品情報と発売日について

  4. Mac App Store App「Adware Doctor」がユーザーの閲覧履歴を盗んでいたこと…

  5. Apple、平均販売価格が昨年比で11.1%上昇。iPhone8/8 Plus/Xが要因か。

  6. 2018年、3モデルの新型iPhoneが発表される?

  7. Appleイベント直前!発表される製品予想(後編)

  8. Apple Seed、iOS 12の12回目のベータ版を公開

  9. iOSに搭載された、USB制限モードを突破するデバイスが判明

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2019年発売予定のiPhoneはTouchID搭…
  2. カメラのシャッター音を無音にしてどこでも撮影できる…
  3. iPhoneのセキュリティ対策情報
  4. カメラのグリッド機能を使ってプロが撮影したような写…
  5. Apple、ビッグデータを活用してApple Ma…
2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

人気記事