注目の記事 PICK UP!

Apple、ビッグデータを活用してApple MapsをAR対応する予定

このエントリーをはてなブックマークに追加

Apple、これまでにユーザーから集めたデータを地図アプリに活用

ARに対するアップルの関心はここ数年如実に現れています。

Memojiをはじめとして、自社サービスにARを取り入れてきています。

VR、MR、ARとバーチャル世界の次の未来を各社が模索する中で、Appleが取り組んでいるのは、現実世界とバーチャルを融合するAR技術です。

Appleは既存のバーチャルをそのまま現実に持ってくるようなやり方ではなく、より自然にバーチャルと現実を融合させ、ユーザー同士の円滑なコミュニケーションを実現する一つのツールとしてARを開発しているようです。

Appleはその膨大なユーザーから集めたデータを元に、製品を開発しています。

当然、ユーザーが求めているニーズを的確に分析し、製品に反映する技術を持っています。

例えば、AI技術もその一つです。

Siriはもうすでに日常の中に溶け込んでおり、ユーザーはそれを当たり前のこととして利用しています。

Siriも着実に改良されており、公開当初と比べて比較できないほど成長していると思われます。

またSiriに問い合わせをおこなった履歴を分析し、Appleは自社のサービスに反映していま