注目の記事 PICK UP!

BYODを避けるべき3つの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneやMacなど、BYODを避ける必要がある

教育におけるアップル製品を扱う週間シリーズ、ブラッドリー・チェンバーズによると私物のiPhone、Macを業務利用するBYODは極力避けるべきだというコラムが掲載されています。 Bradleyは、2009年から教育環境でAppleデバイスを管理し、100台のMacと100台のiPadsを導入し管理した経験から、Bradleyは、Appleの製品が規模で機能する方法、IT管理の洞穴からのストーリー、Apple製品を学生に利用してもらう方法を見てきました。

BYOD、その言葉が意味する通りあなた自身のデバイスを持って来ることを意味します。つまり、学校の技術プログラムによって、生徒は学校にデバイスを持ち込み、学校のWi-Fiネットワークに設置してクラスワークを行うことができます。表面的には、これは企業および学校、従業員および生徒に対してメリットかのように思えます。しかし、ここにはリスクが存在します。学校はデバイスの所有権と管理のビジネスから抜け出し、生徒は学校に欲しいものを持ってくることになります。Bradleyは、この戦略には長い間は反対しています。

iPhone、Macを利活用するBYODはスタンダードがないスタンダード

教師が授業計画を立てているとき、学生はどのようなデバイスを持っているのか、どのように知っていますか?他の人がKindleを持っている間、いくつかは、iPad Proを持っていますか? iOS 9を搭載したiPad 2で学校に通わせることはできますか?教師が回避する標準のデバイスを持っていない場合、彼らは最低の共通デバイスにする必要があります。エキサイティングなプロジェクトのアイデアを得て、それが特定のアプリを必要としていると認識したら、複数のアプリストアを検索して利用可能かどう