注目の記事 PICK UP!

iPhoneを覗かれても写真に何が写っているかわからなくする裏技

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneの写真の中にはたくさんの思い出があります。でも中には見られたくない写真も人もよって多かれ少なかれあるはずです。そんなあなたにちょっとした一工夫でiPhoneの写真がわかりにくくなる、おもしろ裏技をご紹介します。

iPhoneの写真で何が写っているのかわからなくする裏技

まずはその方法からご紹介しますね。
1.写真アプリを表示します。
2.表示させたくない写真をタップして選択します
3.写真を表示させたところで「編集」をタップして編集画面になったら画面下部に出てくる「トリミング」をタップします。
4.写真をピンチアウトして「拡大」していきます。写真が拡大されて一見何が写っているのかわからない状態になったところで、「✓」の完了をタップして保存します。
5.写真一覧のページに戻ると拡大された写真が表示されますので、何を撮影したかわかってしまう心配がありません。またもとの写真に戻したい時は写真を表示させて「編集」をタップし、右下に出てきた「元に戻す」を選択して「オリジナルに戻す」にすると、加工する前の写真に戻すことができます。

iPhoneの写真を表示させたくないときに使える裏技です。1枚ずつ設定しなくてはいけないのでひと手間かかりますが、覚えておくと便利です。